法然の生涯

貴族の時代から武士の時代へ、大きく社会が動いた大変革の時代にあって、武力でも政治の力でもなく、ひたすら念仏を唱えることによって、極楽往生を願い、人々の魂を救済をしようとした法然上人。

エリート主義に凝り固まり、特権階級のものになっていた当時の仏教を、「すべての人の救い」という仏教のそもそもの在り方に戻した法然上人。

日本仏教史を語る上で、日本人の精神の成り立ちを知る上で、ぜったいに欠かせない人物です。

当サイトは、法然上人の生涯を年代を追って、音声つきでわかりやすく解説していきます。楽しみながら法然や浄土宗の知識が身に付き、日本仏教についてもっと知りたくなることでしょう。

歴史・古典の「語り」を専業とする、左大臣光永が、届けします。

スポンサーリンク

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク