法然の生涯

歴史解説「後白河法皇は「策謀家」か?「暗主」か?(31分)

歴史解説「岩倉遣欧使節団(33分)」

貴族の時代から武士の時代へ、大きく社会が動いた大変革の時代にあって、武力でも政治の力でもなく、ひたすら念仏を唱えることによって、極楽往生を願い、人々の魂を救済をしようとした法然上人。

エリート主義に凝り固まり、特権階級のものになっていた当時の仏教を、「すべての人の救い」という仏教のそもそもの在り方に戻した法然上人。

日本仏教史を語る上で、日本人の精神の成り立ちを知る上で、ぜったいに欠かせない人物です。

当サイトは、法然上人の生涯を年代を追って、音声つきでわかりやすく解説していきます。楽しみながら法然や浄土宗の知識が身に付き、日本仏教についてもっと知りたくなることでしょう。

歴史・古典の「語り」を専業とする、左大臣光永が、届けします。

解説:左大臣光永

歴史の解説音声を無料ダウンロードする

「仏教の伝来」「清少納言と紫式部」など、日本史の名場面を、一回10分程度で楽しくわかりやすく語った解説音声です。全58章10.8時間。社会人の学びなおしにもどうぞ。あと長距離バスで移動中とかいいと思います。

≫詳しくはこちら



x -->