鴨長明(四)養和の大飢饉・元暦の大地震

こんにちは。左大臣光永です。

ハトが水たまりんとこでチクチクと水を飲んでたんですよ。それもかなり長い間。よく見ると、喉が人間のようにごくごくと上下に動くのが観察できました。興味深かったです。思わず喉んとこに手を伸ばしてオエッとさせたくなりました。

さて先日再発売しました「現代語訳つき朗読『方丈記』」ご好評をいただいています。ありがとうございます。特典「『方丈記』こぼれ話集」は9/15までです。お申し込みはお早めに。
http://sirdaizine.com/houjyouki/

本日は鴨長明の生涯(四)養和の大飢饉・元暦の大地震です。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Cyoumei4.mp3

第一回・第二回もあわせてお楽しみください。
http://history.kaisetsuvoice.com/Cyoumei1.html

http://history.kaisetsuvoice.com/Cyoumei2.html

http://history.kaisetsuvoice.com/Cyoumei3.html

高倉上皇崩御・平清盛逝去

治承5年(1181)。この年も不幸が重なります。正月14日、高倉上皇が亡くなります。「末代の賢王」と『平家物語』はその徳をたたえていますが、21歳の若さでお亡くなりになったのは哀れなことでした。

御年廿一、内には十戒をたもち、外(ほか)には五常を乱らず、礼儀をただしうせさせ給ひけり。末代の賢王にてましましければ、世の惜しみ奉る事、月日の光をうしなへるがごとし。

『平家物語』「新院崩御」

閏2月4日。平清盛が熱病に冒されて亡くなります。『平家物語』には清盛の凄まじい死に様が描かれています。

入道相国やまひつき給ひし日よりして、水をだにのどへも入れ給はず。身の内のあつき事、火をたくが如し。ふし給へる所四五間が内へ入る者は、あつさたへがたし。ただ宣ふ事とては、あたあたとばかりなり。

『平家物語』「入道死去」

養和の飢饉

7月14日。改元あって養和元年。治承はさまざまな天変地異、世の乱れが多かった。改元によって平和な世の中になることを期待してのことだったでしょう。しかし。養和年間も酷いことになります。改元前から続いていた飢饉が、いよいよその激しさをましました。

炎天につづいて大雨が来て、秋の収穫に打撃を与えました。不作により食料が涸渇。巷には餓死者があふれます。

平安京の生活は地方からの物資食料に支えられていました。しかしその頼みの地方が、ガタガタになっている。ふだんであれば上納の車が列をなす街道も、閑散としました。

生活に欠かせない穀類や塩は値上がりし、生活に必要のない細工品や美術品の価値は地に落ちます。平安京のみやびとか、王朝文化とか。もうそんな余裕はありませんでした。

また、養和のころとか、久しくなりて覚えず。二年(ふたとせ)があひだ、世の中飢渇(けかつ)して、あさましき事侍りき。或は春夏ひでり、或は秋大風、洪水(おおみず)など、よからぬ事どもうちつづきて、五穀ことごとくならず。夏植うるいとなみありて、秋刈り、冬収むるぞめきはなし。これによりて、国々の民、或は地をすてて境を出で、或は家を忘れて山に住む。さまざまの御祈りはじまりて、なべてならぬ法ども行わるれど、さらにそのしるしなし。

『方丈記』

年が改まれば状況が変わるかもしれない。人々は期待しました。しかし養和2年(1182)にはさらに酷くなります。不作は続き、疫病まで加わりました。食料が無いので、ついに人肉を食らうものも出たといいます。

伝へ聞く、五条河原の辺に丗ばかりの童、死人を食ふと云々。人の人を食ふは飢饉の至極か。

『吉記』二月二十二日条

「丗ばかりの童」という表現が異常です。食い物がなくてガリガリになっている様子をあらわしたものでしょうか。

『方丈記』に仁和寺の隆暁法印という僧の行いが書かれています。

巷に餓死者の死体があふれている。隆暁法印はそれを憐れんで、首が見えるごとに額に阿字を書いて仏縁を結ばせたと。

人数を知ろうとして、四月五月両月を数えると、京のうち一条より南、九条より北、京極より西、朱雀より東の路のほとりにある頭、すべて四万二千三百余りあったと。

まして、その前後に死ぬ者は多く、また、鴨川の河原、白河、西の京、いろいろな郊外などを加えていえば、際限も無いだろう。まして畿外の諸国をあわせると、大変なことだろうと長明は『方丈記』に記しています。

ちなみに隆暁法印は『方丈記』ではじめて実名つきで出てくる人物です。しかも長明の同時代人としては唯一です。平清盛も、藤原定家も、『方丈記』には出てこないのです。その中、隆暁法印のみ名前が上っている…よほど長明にとって印象が深かったと思われます。

養和2年(1182)5月27日、改元あって寿永元年。

後白河法皇の発願による改元でした。

養和はさんざんだった、今度こそ世の中が平和になるようにと、願いをこめてのことでした。

改元後は、飢饉・疫病は下火になっていきました。しかし東国での戦は続き、やがて平安京にも戦火は及ぶことになります。

源平の合戦

飢饉もようやくおさまった寿永2年(1183)7月、木曽義仲の軍勢が迫ると、平家一門は6歳の安徳天皇と三種の神器を擁して都落ちします。代わって義仲入京。しかしその義仲も、翌寿永3年(1184)琵琶湖のほとり粟津ケ原で源義経軍に討たれました。

家を出る

この間、鴨長明を取り巻く環境も変わりました。父方の祖母の家に住んでいたのが、何らかの理由で家を出てしまい、鴨川近くに狭い庵を結んで住むようになりました。30歳前後のことでした。妻も子もあったようですが、別れてしまいました。

わがかみ父方の祖母(おおぼ)の家を伝へて、久しくかの所に住む。その後、縁かけて、身おとろへ、しのぶかたがたしげかりしかど、つひに屋とどむる事を得ず。三十(みそじ)あまりにしてさらにわが心と一つの庵をむすぶ。これをありし住ひにならぶるに、十分が一なり。居屋ばかりを構へて、はかばかしく屋を作るに及ばず。

『方丈記』

詳しい事情はわかりませんが、ようするに追い出されたのでしょう。まわりが下鴨神社の神官としてのキャリアを着実に積む中で、長命は神社の仕事に熱心でなく、和歌や音楽にどっぷりはまっていました。この穀潰しッ出て行けッ…ということでしょう。

平家一門、滅亡

平家一門は一の谷の合戦、屋島の合戦と負け続け、元暦2年(1185)壇ノ浦の合戦で滅びました。棟梁宗盛・清宗父子は生け捕りとなりました。都大路をさらされた上、首を斬られ獄門にかけられます。大仏を燃やして「仏敵」とされていた重衡は、奈良で斬られます。つい先日までは栄耀栄華をほこっていた平家一門の人々の無残な姿。多くの人が涙を誘われました。

元暦の大地震

同年6月20日。地震がありました。奈良東大寺の大鐘が落ち、大仏の螺髪が少々落ちたと記録されています。しかしこれは予兆に過ぎませんでした。

翌7月9日。マグニチュード7.4と推定される大地震が平安京を襲います。

また同じころとかよ、おびただしく大地震(おおない)ふること侍りき。そのさま世の常ならず、山は崩れて河を埋み、海は傾きて陸地をひたせり。土裂けて水湧き出で、巌(いわお)割れて谷にまろび入る。なぎさ漕ぐ船は波にただよひ、道行く馬は足の立ち処(ど)を惑はす。都のほとりには、在々所々堂舎塔廟ひとつとして全からず、或は崩れ或は倒れぬ。塵灰たちのぼりて、盛りなる煙のごとし。

『方丈記』

震源地は琵琶湖の北。敦賀の東南。琵琶湖では津波が起こりました。比叡山・東山一帯は壊滅状態となりました。

後鳥羽天皇の内裏であった閑院殿は損傷が激しく、左大臣藤原経宗の大炊御門富小路第に渡御されました。白河には法勝寺はじめ、白河法皇の築いた六勝寺がありますが、ことごとく被害を受けました。法勝寺九重塔は北に傾き、六層より上が崩れ落ちました。

宇治橋は一瞬で落ちて、橋の上にいた十数人が宇治川に投げ出されました。

余震は9月まで続きました。いろいろな人が、地震の様子を日記に書き記しています。中山忠親の『山槐記』には

天下の破滅はすでに此の時に在るか。近年の兵革に、上下安からず。今また此のとがめ有り。濁世の悪行、衆生の苦患(くげん)、休むの時なし。悲しむべし、悲しむべし

『山槐記』

地震は平家一門が滅亡した矢先の出来事でした。自然、平家一門の祟りだ、平家一門の怨霊だという声が上がりました。

今度の事は、是より後もたぐひあるべしともおぼえず。十善帝王、都を出でさせ給ひて、御身を海底に沈め、大臣公卿大路(おほち)をわたして、その頸(くび)を獄門にかけらる。昔より今に至るまで、怨霊はおそろしき事なれば、世もいかがあらんずらんとて、心ある人の嘆きかなしまぬはなかりけり。

『平家物語』「大地震」

次回「俊恵法師と歌林苑」に続きます。お楽しみに。

発売中です

現代語訳つき朗読『方丈記』
http://sirdaizine.com/houjyouki/

『方丈記』の全文を原文と現代語訳で朗読しています。早期お申込み特典「方丈記 こぼれ話」は9月15日までです。お申込みはお早めにどうぞ。

本日も左大臣光永がお話ししました。ありがとうございます。
ありがとうございました。

解説:左大臣光永