鴨長明(ニ)安元の大火・治承の辻風

こんにちは。左大臣光永です。

雨が上ったので久しぶりに東寺に行ってきました。金堂の薬師如来立像の左右に立つ、日光菩薩像、月光菩薩像に、特に今回は惹かれました。今まで気づきませんでしたが、日光菩薩と月光菩薩は表情も、雰囲気もぜんぜん違うんですね。

日光菩薩は庶民的な、親しみやすい感じ。月光菩薩は高貴で神秘的で感じ。ハッキリ作り分けられてるので、嬉しくなりました。

先日再発売しました「現代語訳つき朗読『方丈記』」ご好評をいただいています。ありがとうございます。
http://sirdaizine.com/houjyouki/

本日は鴨長明の生涯(ニ)「安元の大火・治承の辻風」です。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Cyoumei2.mp3

第一回もあわせてお楽しみください。
http://history.kaisetsuvoice.com/Cyoumei1.html

若き日の失敗談

承安5年(1175)7月、改元あって安元元年。

この年の思い出として、鴨長明が後年語っていることに、高松の女院の御所で行われた菊合(きくあわせ)の話があります。高松の女院は鳥羽上皇皇女ヨシ子内親王。

母は美福門院得子。二条天皇に嫁いで中宮となりましたが、天皇の生前に20歳で御出家され、高松院の院号を送られました(出家の理由は病気がちだった・後白河院と二条帝の仲が悪いことに心痛めた等、諸説)。

高松の女院
高松の女院

菊合とは左右に別れて菊の花を出し合い、それに歌を添えて優劣を競う、風流な遊びです。

その席で長明は、「関を隔つる恋」という題詠(お題目)で、

堰きかぬる涙の河の瀬を早みくづれにけりな人目つつみは

堰き止めることができない涙の河が、瀬となって流れる。その流れが早いので、人目をつつみ隠すことができなくなってしまった

うむなかなか良くできたと鴨長明はこれを歌人の勝明法師に見せて意見を求めます。ところが。勝明法師から返ってきたのは意外な答えでした。

「天皇皇后がお隠れになることを崩ずといい、クズルと読める。女院の御所で詠む歌に崩るという言葉はよくない」

ガーンと虚を突かれた思いだったでしょう鴨長明。

「なるほど、晴の歌にはそれなりの決まりがあるのだ」

そこで鴨長明は別の歌を出して、終わりになりました。ところが翌安元2年(1176)6月、実際に高松の女院がお隠れになったのです。

もしあの歌を出していたら、「長明の不吉な歌のせいで女院がお隠れになった」なんて言われたかもしれない。長明はそう思って胸をなでおろしたという話です。

晴の歌は人に見すべき事

晴の歌は必ず人に見せ合すべきなり。我が心ひとつにては誤りあるべし。予、そのかみ高松の女院の北面(きたおもて)に菊合といふ事侍りし時、恋の歌に、

堰きかぬる涙の川の瀬を早みくづれにけりな人目づつみは

とよめりしを、未だ晴の歌などよみ馴れぬ程にて、勝命入道に見せ合せ侍りしかば、「此の歌大きなる難あり。御門・后の隠れ給ふをば『崩ず』といふ。其の文字をば『くづる』と読むなり。いかでか院中にてよまん歌に此の言葉をばよむべき」と申し侍りしかば、あらぬ歌を出してやみにき。其の後女院程なく隠れおはしましにき。此の歌出したらば、さとしとぞ沙汰せられ侍らまし。

『無名抄』

ちなみにこの日高松の女院の御所に集まっていた歌人の中に、平資盛の恋人として有名な建礼門院右京大夫がいます。右京大夫は鴨長明とほぼ同年齢だったと思われます。

平家繁栄の陰り

安元ニ年(1176)3月、後白河院の五十の賀が、院の御所法住寺殿で行われました。高倉天皇以下、百官が出席し後白河院の長寿を祈りました。平家一門はこぞって参加しました。最終日に平資盛が「青海波」を舞います。なんと見事な…光源氏の再来か…人々は感心して言い合いました。

この頃、平家一門と後白河院の関係はうまくいっていました。それは、後白河院の女御・建春門院滋子の存在が大きかったのです。滋子は清盛の妻・時子とは姉妹同士でした。後白河院は滋子をこよなく愛し、滋子によって平家一門と後白河院はうまく繋がれていました。

建春門院滋子
建春門院滋子

ところが、安元ニ年(1176)7月、滋子が35歳で亡くなります。後白河院のお嘆きは大変なものでした。そして滋子が没したことにより、平家と院の間のかすがいが途絶えます。その後、後白河院は日に日に平家一門への敵意をむき出しにしていきます。ついに安元3年(1177)6月の鹿谷陰謀事件へつながっていくわけです。

安元の大火(太郎焼亡)

安元三年(1177)4月28日夜、樋口富小路から火が出ます。折からの強風に煽られ、炎は平安京を燃やしながら広がっていきました。樋口富小路は現在の河原町五条。河原左大臣源融の「河原院」はかつてその近くにありました。

河原町五条付近
河原町五条付近

河原院跡
河原院跡

『方丈記』は火事より35年後の建暦2年(1212)に書かれたものですが、よほど記憶が鮮明だったのでしょう。間近で経験した者ならではの迫力ある筆運びで火事のさまを描き出しています。

去安元三年四月廿八日かとよ、風烈しく吹きて、静かならざりし夜、戌の時ばかり、都の東南より火出で来て、西北いぬいに至る。はてには朱雀門大極殿大学寮民部省などまで移りて、一夜のうちに塵灰となりにき。火元は樋口富の小路とかや。舞人を宿せる仮屋より出で来たりけるとなん。

吹きまよふ風に、とかく移りゆくほどに、扇をひろげたるがごとく末広になりぬ。遠き家は煙にむせび、近きあたりはひたすら焔を、地に吹きつけたり。空には灰を吹き立てたれば、火の光に映じて、あまねく紅なる中に、風に堪へず、吹き切られたる焔飛ぶがごとくして、一ニ町を越えつつ移りゆく。

翌29日になっても火は消えず、30日午後になって雨が降ってくると、ようやく止んだようです。この火事で平安京の三分の一が焼けたと記録されます。

安元から治承へ

安元の大火の後、立て続けに事件が起こります。安元三年(1177)6月、鹿谷事件。東山鹿谷の山荘にこもって僧俊寛らが打倒平家の密謀を繰り返しました。内部告発により未然に発覚するも、盤石だった平家政権のつまづきを感じさせるものでした。

同年8月、改元。安元三年あらため治承元年。治承2年、中宮徳子が懐妊し、言仁親王(安徳天皇)を生みます。いよいよ天皇家の外戚として勢い盛んなる平家一門。

治承3年(1179)7月、当主重盛が亡くなり、死後の処遇をめぐって清盛と後白河院が対立。同年11月14日、清盛は福原から軍勢を率いて上洛し、後白河院の身柄を鳥羽殿に幽閉しました(治承三年の政変)

そして運命の治承4年(1180)が来ます。

この年は正月からあわただしいことでした。高倉天皇の譲位と安徳天皇の即位。ついで高倉上皇の厳島御幸が行われます。4月9日、後白河法皇第三子以仁王の打倒平家の令旨が発せられ、4月27日、伊豆の源頼朝のもとに届けられました。

その二日後…

治承の辻風

4月29日、都を辻風が襲います。藤原定家の『明月記』によれば、未の刻(午後二時)頃、雹が降った。それから雷がニ三度鳴り、稲妻が走った。北方から煙が立ち上った。誰かが火事だと言った。しかしそれは火事でなく、辻風であった。たちまち都は大混乱となった。人家も車も吹き飛ばされ、宙に舞ったと。

『方丈記』の記事は一部『明月記』と重なりますが、より具体的に現場のようすを描き出します。

治承四年卯月のころ、中御門京極のほどより、大きなる辻風おこりて、六条わたりまで吹ける事侍りき。三四町を吹きまくるあひだに、こもれる家ども、大きなるも、小さきも、ひとつとして破れざるはなし。さながら平に倒れたるもあり、桁柱ばかり残れるもあり、門を吹き放ちて四五町がほかに置き、また垣を吹きはらひて隣とひとつになせり。

次回「都遷り」に続きます。お楽しみに。

発売中です

現代語訳つき朗読『方丈記』
http://sirdaizine.com/houjyouki/

『方丈記』の全文を原文と現代語訳で朗読しています。早期お申込み特典「方丈記 こぼれ話」は9月15日までです。お申込みはお早めにどうぞ。

本日も左大臣光永がお話ししました。ありがとうございます。
ありがとうございました。

解説:左大臣光永