織田信長(十二)ルイス・フロイス

永禄12年(1579)信長は宣教師ルイス・フロイスと堺にて初めて面会します。ルイス・フロイスは永禄8年(1578)平戸から京都に来て将軍足利義輝の庇護のもと、キリスト教の布教活動をしていました。ところが。足利義輝が三好一族に殺害されると、立場が危うくなります。

京都の法華宗(日蓮宗)衆徒が三好党にせまって宣教師追放を訴えたのです。とうとう、宣教師追放令が出され、フロイスは堺に下っていました。そんな中、信長はフロイスと会見しました。

信長は、どこから来たか、年はいくつかと通り一遍の質問をした後、

「もし日本でデウスの教えが広まらないならどうする。国に帰るのか」

「いいえ。一人でも信者がいる限り、私はその人のために、日本に留まります」

「ほう!いい答えだ。戦と金儲けに明け暮れる日本の坊主どもにきかせてやりたいわ」

信長は大いに上機嫌になり、フロイスの日本滞在とキリスト教の布教を許しました。

フロイスは後年、ローマに当てた手紙の中で、信長の印象について書いています。

「この尾張の王は年齢37歳。背は高く、鬚は少なく、声はとても高い。武勇を好み、粗野である。正義と慈悲を重んじ、傲慢ではあるが名誉を重んじる。決断は心に秘め、戦術にたくみで、規律に従わない。部下の進言はほとんど聞かない…一同からたいそう畏れられ尊敬されていた…彼は日本の王侯貴族をことごとく軽蔑し、下僕に対するように肩の上からものを言った」

解説:左大臣光永

歴史の解説音声を無料ダウンロードする

「仏教の伝来」「清少納言と紫式部」など、日本史の名場面を、一回10分程度で楽しくわかりやすく語った解説音声です。全58章10.8時間。社会人の学びなおしにもどうぞ。あと長距離バスで移動中とかいいと思います。

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら