織田信長(十一) 足利義昭、十五代将軍となる

足利義昭 将軍就任

織田信長の招きにより越前を後にした足利義昭の一行は、美濃に入りました。

その頃信長は、近江の六角氏を相手どって戦っていましたが、その六角氏をようやく討伐し六角氏の拠点である観音寺城(現滋賀県近江八幡市)を奪取。

「露払いはすみました。今こそご上洛ください」

信長はそういう書状を、美濃にいた足利義昭に送ってきました。

「ようやく!ようやく念願がかなう!」

喜びの涙にむせぶ義昭。

永禄11年(1568)9月末。信長は上洛し、東寺に陣を敷きます。少し遅れて、足利義昭も上洛し、清水寺に入ります。

その後、織田信長と足利義昭は、畿内の三好三人衆の残存勢力を討伐した後、

10月、ふたたび京都に戻り、足利義昭は正親町(おおぎまち)天皇より征夷大将軍に任じられます。兄・足利義輝が殺されてから、近江・越前と点々と亡命し、三年間の流浪生活の末に将軍となったのでした。

「ようやくここまで来れた」

足利義昭、思わず涙したことでしょう。

すぐに足利義昭は能楽の座を設け、主客として信長を招きました。

「ふたたび上洛できたのはひとえに、信長よ、そちのおかげじゃ」

「とんでもございません。私など別段の働きは」

「いやいや、感謝しておる。そこでじゃ。そなたに管領か副将軍に就任してもらいたいのじゃ」

「と、とんでもございません。そのような畏れ多い」

信長は義昭の申し出を辞退し、けして受けませんでした。

「ああ何と信長は欲の無い男だ。
戦国の世にあのような信義に篤い男がいたとは」

つくづく感じ入る義昭。

が!

後にその信長との間が決裂することになろうとは!

この時は少しも考えていませんでした。

二条城造営

当初、義昭は日蓮宗本圀寺(六条堀川。現在は京都市山科区)を仮の御所としていました。

ところが。

上洛早々、この仮御所が三好一派に襲撃されるという事件が起こりました。

「やはり仮御所ではダメだ。しっかりした丈夫な城を建てなくては」

信長はそう考えて、人員を動員し、二条勘解由小路に70日間の突貫工事で御所を造りました。二条城です。後に徳川家康の建てた二条城と区別して、旧二条城と呼ばれます。

「信長よ!余を将軍にしてくれた上に、新しい御所まで造ってくれるとは!
何と礼を言っていいやら…よよよ」

「いいえ、礼などよいのです」

信長は御所を完成させると本国美濃に戻っていきました。

「信長、信長!」

感無量の足利義昭は粟田口から出て行く信長を遠く見送り、最後は石垣の上に立ってまで、遠ざかる信長の姿が見えなくなるまで、見送りました。

解説:左大臣光永

歴史の解説音声を無料ダウンロードする

「仏教の伝来」「清少納言と紫式部」など、日本史の名場面を、一回10分程度で楽しくわかりやすく語った解説音声です。全58章10.8時間。社会人の学びなおしにもどうぞ。あと長距離バスで移動中とかいいと思います。

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら