織田信長(九) 天下布武

正親町天皇の勅使

正親町天皇は、信長が美濃平定を終えると信長のもとに勅使を送り、

「信長、よくやった。たいへんな働きだ。
ところで美濃・尾張の朝廷領が荒れ果てている。
これを再興してくれまいか」

さらに、第一皇子誠仁(ことひと)親王(後陽成天皇)の元服料、内裏の修繕費用のことを依頼してきました。信長はこれを受け入れます。

天下布武

またこの頃、「天下布武」の印文(いんもん)がはじめて登場します。印文とは手紙の最後にハンコとして押すものです。

天下布武。

天下を武によって治める。信長はこの頃から天下統一をハッキリ意識し始めたようです。

楽市楽座

岐阜で信長は「楽市楽座」政策も始めました。

それまで市場でモノを売るには、「市座」とか「問屋」と呼ばれる組合に入っていなければだめでした。そしてこうした組合が販売権を独占し、税をまぬがれるなど、さまざまな特権を得ていました。たとえば農民が、今年はいい野菜が取れたとかいって、莚広げて売っていると、てめえ誰に断って商売してやがる。あ、わーーーという話になるわけです。

信長はこれをやめさせて、商工業者に属していなくても誰でも商売をやれることにしました。

「おお!そりゃいいな。じゃあ俺が作った蓑笠も売れるかな」
「私の編んだ草鞋も売るわよ」

この楽市楽座政策により岐阜の城下町は大いに活性化しました。

お市の方

この頃信長は、妹のお市の方を近江の浅井長政に嫁がせます。

「市、織田家のため、いや天下のため、行ってくれ」

「兄上の仰せのままに」

「そう悲痛な顔をするな。近江の浅井長政は誠実な男ときくぞ」

お市と浅井長政の婚約によって、織田家と浅井家は同盟関係となります。

後に、浅井長政とお市の間には茶々・初・江(ごう)の三人の娘が生まれます。

お市自身にも、その娘たちにも、数奇な運命が待ってることはよく知られている通りです。

解説:左大臣光永

歴史の解説音声を無料ダウンロードする

「仏教の伝来」「清少納言と紫式部」など、日本史の名場面を、一回10分程度で楽しくわかりやすく語った解説音声です。全58章10.8時間。社会人の学びなおしにもどうぞ。あと長距離バスで移動中とかいいと思います。

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら