義和団の乱

こんにちは。左大臣光永です。

夢の中で面接を受けていて、面接官から「特技は何ですか?」ときかれたので「岐阜を守ることです」と答えました。「岐阜が毎日守られているのは私のおかげです」とも。しかもその時、頭の中にある岐阜は、近未来都市のような、遊園地のような、実際の岐阜とはかなりちがう岐阜でした。なぜ夢で岐阜にこだわっていたのか、我ながらわかりません。

本日は「義和団の乱(義和団事変・北清事変)」について語ります。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://roudokus.com/mp3/Meiji_Giwadan.mp3

★好評発売中★日本の歴史11 明治維新の光と影
https://sirdaizine.com/CD/His11-01.html

義和団の乱。義和団事変、北清事変とも。1899年(明治32)-1900(明治33)に中国でおこった民衆反乱。日清戦争後、欧米列強による中国侵略が激化した。

これに対抗して1899年、山東省でおこった反キリスト教闘争が発端となり、義和拳という拳法と白蓮教という宗教をかかげる「義和団」が決起。北方諸省や満州にも飛び火した。

「扶清滅洋」を掲げ北京に入り、清国政府は義和団を容認する形で列強に宣戦布告するも、敗れ、義和団も鎮圧された。

義和団事変

1894年-95年の日清戦争に日本が勝利したことは、欧米列強にも衝撃でした。

これまで「眠れる獅子(sleeping lion)」として恐れられていた中国が、いざ戦ってみると、小国日本にすら敗れた。

ならば日本だけにいい思いをさせるわけにいかないと、欧米列強は「租借」と称して次々と中国の要地を手に入れていきます。

はじめに動いたのはドイツでした。1897年(明治30)ドイツ人神父が殺害されたことをきっかけに膠州湾(山東半島の南側)を占領し、翌98年3月、99年間の租借権をえました。

これをはじめとして、ロシアが旅順・大連を、イギリスが九龍半島と威海衛を、フランスが広州湾(広東省南部。ドイツの租借地「膠州湾」と音が同じなので注意)を租借しました。

それぞれ、鉄道敷設権や鉱山採掘権も獲得して、中国における自国の利権をのばしていました。

清国では、こうした欧米の動きへの反発がおこりました。

1899年、山東省でおこった反キリスト教闘争が発端となり、義和団(ぎわだん)よばれる武術集団が決起しました。

彼等は義和拳という拳法を使い、「扶清滅洋(ふしんめつよう)」のスローガンのもと、鉄道や電線を破壊し、外国人宣教師を殺害し、教会や病院に放火しました。義和団の乱は各地に広がりました。

西太后は義和団の乱を支持して、1900年6月21日、欧米列強に宣戦布告しました。

日本とロシアを中心とする八か国連合軍(日露英仏独墺米伊)が居留民保護と暴徒鎮圧のため、清国北部に出兵しました。

日本軍がもっとも多く8000人、ついでロシア軍4500人、イギリス軍3000人、アメリカ軍2500人、フランス軍800人が続きました。

7月14日、天津を攻略。8月14日、北京を占領。各国の公使館街を解放。

連合軍は北京で破壊や略奪を行いました。西太后は西安に逃げました。

追い詰められた清国政府は9月14日、義和団鎮圧令を出します。ほどなく義和団は鎮圧されますが、諸外国による中国植民地化の動きは義和団事変を機に、いよいよ露骨になってきます。

10月2日、ロシアは中国における利権拡大を目論見、満州全域を占領。さらに朝鮮への影響力を強めていきました。ドイツも、「義和団の残党狩り」と称して、清国北部に攻撃を加え続けました。

講和会議と北京議定書

10月15日、清国と列強との講和会議が始まりました。しかし各地で混乱が続いており、話はまとまりませんでした。

当初、日本の全権は西徳二郎(にし とくじろう)公使でした。しかし西は欧米列強に対して弱腰だったので陸軍はこれを嫌い、あらたな外交官をよこすよう本国に要請します。そうして呼び出されたのが小村寿太郎です。

小村は明治33年(1900)10月23日、辞令を受けて、1901年1月6日、北京につきました。

清国に、日露英仏独墺米伊の八カ国、それにベルギー・オランダ・スペインも加わり、計12カ国による大規模な国際会議でした。

会議は11ヶ月にわたって長期化しました。11カ国もの国々の要求を調整し、賠償を配分するのは困難な作業でした。

小村は清国と列強の間にあって熱心に交渉にあたりました。

痩せて小柄。堪えず駆け回って交渉する小村のことを、各国行使は「ねずみ公使」とあだ名しました。

1901年(明治34)9月7日、清国全権慶親王(けいしんのう)・李鴻章と、日本と欧米列強11カ国全権委任の間に「北京議定書」が調印されました。全12箇条からなりますが、とくに重要な点は2つです。

一、清国に賠償金4億500万両の支払を課すこと
配分率は、満州を占領したロシアと、公使を殺害されたドイツがもっとも多く4分の1。日本はアメリカと同じ7%。

ニ、北京に公使館区域を設け、北京周辺の警備には外国の軍隊が当たること
これに基づき日本が送った軍隊がのちに支那駐屯軍となり、1937年(昭和12)7月、盧溝橋事件で中国軍と衝突することになります。

これは諸外国による中国植民地化の第一歩でした。

出兵した各国軍隊のうち、日本軍はもっとも勇敢で、規律が取れていたとで、国際的評価を得ました。以後、日本の清国に対する権勢は高まっていきます。

次回「日英同盟」に続きます。

好評発売中

明治維新の光と影
https://sirdaizine.com/CD/His11-01.html

慶応4年(1868)江戸城の開城から、明治10年(1877)西南戦争まで。明治時代初期の歴史や人物について解説した音声とテキストです。

岩倉米欧使節団、明治の廃仏毀釈など、教科書などではあまり語られないことも詳細に語っています。

「明治維新」とは何だったのか?現在の日本にどうつながっているのか?楽しみながら学べます。

サンプル音声もご用意していますのでぜひ聴きにいらしてください。
↓↓
明治維新の光と影
https://sirdaizine.com/CD/His11-01.html

解説:左大臣光永