黒船来航(一)

こんにちは。左大臣光永です。

■発売中 『新選組 結成篇』『同 激闘編』
特典の解説音声「桜田門外の変」は6月30日お申込みまでです。お早めに。
http://sirdaizine.com/CD/MiburoInfo1.html

さて「黒船来航」について、二日間にわたってお話します。

嘉永6年(1853)ペリー率いるアメリカ艦隊が来航し、アメリカ合衆国大統領フィルモアの国書を手渡します。翌嘉永7年(1854)日本とアメリカの間に日米和親条約がむすばれ日本は否応なしに国際社会の中に放り出されることとなりました。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Edo_Kubobune1.mp3

一夜(18)明け、ゴミ(53)のような人だかりとおぼえた方も多いと思います。

黒船来航 初日

「えらいもんが来ました!黒船です!」
「なに黒船?」

嘉永六年(1863)6月3日、マシュー・ペリー率いるアメリカ海軍東インド艦隊の戦艦四隻が、江戸湾入り口に迫ります。四隻は同日午後5時ころ、浦賀沖1.5マイル(2700メートル)で錨をおろしました。

四隻の船は、サスケハナ、ミシシッピ、プリマス、サラトガ。

旗艦サスケハナとミシシッピは鉄張りの蒸気船で黒煙をもうもうと上げていました。
プリマスとサラトガは帆船ながら巨大なものでした。

四隻とも真っ黒に塗装し、多数の大砲を装備し、陸地に向けていつでも発射できる構えでした。乗員は小銃を備えて戦闘態勢を取っていました。

旧暦6月の午後5時はまだ明るく、浦賀の沖合には十隻以上の漁船が浮かんでいました。そこへ四隻の真っ黒なごつい戦艦が猛スピードで走ってきたのです。漁師たちも仰天したでしょう。

すぐに漁師の一人が浦賀奉行所に届け出ます。

「なに黒船?大砲!」

浦賀奉行・戸田氏栄(うじよし)は話をきいて仰天します。すぐに中島三郎助ほか与力三人に通訳をつけて、漁師に船をこがせて、異国船に向かわせます。

与力と通訳を乗せた船は黒船の横腹に近づき、「すみやかに退去せよ」とフランス語の札を高く掲げ、大声で怒鳴ります。

すると船のほうから、長崎なまりの英語で、「お前ら下っ端じゃ話にならん。もっと上の者を連れてこい」

そこで中島三郎助はとっさの嘘で、

「私は浦賀の副知事だ」

そう言ったところ、よしじゃあ上がってこいと上から鉤縄を投げてきました。中島たちはよじ登って、ようやく船に上がることができました。

中島三郎助は副官コンティ大尉に、通訳を通して言います。

「日本の決まりであるから、まずは長崎へ行け」

すると返ってきた答えは、

「長崎に行く必要は無い。我が提督は日本の大君(徳川将軍)に当てたアメリカ大統領の国書を手渡すためにわざわざ江戸近くまで来たのである。それを長崎へ行けとは何事か。

我々は平和を愛しており、何の悪意も無い。それを長崎へ行けとは!酷い侮辱だ。もし国書を受け取らないならば、武力をもって将軍に国書を渡すしかない」

まったく話になりませんでした。それにしても「我々は平和を愛している」と言った直後に「武力行使」をちらつかせるとは…さすがはアメリカ様です。

中島三郎助はタジタジになります。

「とにかく我々には権限が無いから、いったん帰って、上司と相談した上で返事をする」

そんなこといって船を去りました。

午後九時。ペリー艦隊四隻は時報の大砲を撃ち、その轟音が浦賀湾内に響き渡ります。

その夜、報告を受けた浦賀奉行戸田氏栄(うじよし)は、江戸表へ使者を飛ばします。

6月4日 三日の猶予を得る

翌6月4日の朝。戸田氏栄は筆頭与力香山栄左衛門に通訳二人をつけて、サスケハナ号に使者として遣わします。サスケハナ号からは参謀長アダムス大佐と艦長のブキャナン大佐が対応しました。

「長崎へ行け」
「行かない」

押し問答が続いた挙句、アメリカ側は言いました。

「どうしても長崎に行けというなら、我々は江戸湾に入って上陸し、将軍に直接国書を渡すまでだ。世界の情勢は、国を閉ざしている場合ではない。国を開いて交易する時だ。それをいつまでも自国だけに引きこもっているのは天理に反している。世界の常識に反している。大間違いだ。それでも拒むというなら、大砲をもってこじ開けるまでだ」

さらに言いました。

「いざ戦争になって、貴国がどうにも抵抗できないとなったら、ここに白旗を二本用意してきた。これを掲げなさい。いつでも講和に応じてやるから」

そう言って実際に白旗を二本出したといいます。

どうにも返事に困って、香山栄左衛門は、

「しかし国禁を犯すことはできない。江戸に伺いを立てた上で返事するから、四日の猶予がほしい」

アメリカ側はこれぞ日本人得意の引き延ばし策と見て、

「四日?なぜそんなにいる!三日で返事しなさい」

「ひいっ…わ、わかりました」

アメリカ側は日本人は万事のらりくらりしているので、高圧的にガンガン攻めたほうが交渉がうまくいくことを知っていました。実際、香山栄左衛門はタジタジに押されました。しかし押されているばかりでは癪と思ったのでしょう。立ち去り際に振り返って、

「時に、貴国で建造中のパナマ地峡横断鉄道はもう完成しましたか」

そう質問を投げました。ぐっと言葉につまるブキャナン大佐。東洋のサルが黙って言うこときいとけやと思っていたのが、意外にも世界情勢に通じている。これは油断できんと。

香山栄左衛門は一矢報いてやったぞと内心ニヤリとしたでしょう。まあこんなことで一矢報いても何にもならないんですがね…

幕府はペリー来航を前もって知っていた

実はペリーが来航することは幕府は前もって知っていました。

ずっと前からです!

最初に情報がもたらされたのはペリー来航3年前の嘉永3年(1850)。アメリカが日本との交易を望み、オランダにその仲介を頼んできたのです。その時オランダは日本における貿易利権が邪魔されることをおそれて、アメリカの頼みを断りました。そして事のしだいを長崎奉行に報告します。

以後、オランダはアメリカから何か言ってくるたびに長崎奉行に報告し、長崎奉行から幕府に知らせが行きました。その報告回数は六回に及びます。

嘉永5年(1852)に入ると、オランダからもたらされる情報はいよいよ切羽つまったものになってきます。近々アメリカ艦隊が日本に来航するだろう。今までの外交政策は変更しなくてはならないと。

しかし幕府は何もしませんでした。

嘉永5年(1852)のオランダ風説書には、より詳しい情報が記されていました。はじめオーリックが、ついでペリーが艦隊司令官となった。いずれ軍艦と陸戦部隊も派遣されるだろうと。なんと司令官の名前まであらかじめ伝わっていたのです。

それでも幕府は何もしませんでした。

ついにはペリー艦隊が琉球を経て、小笠原に立ちよってから日本に来るという具体的な航路まで、オランダから伝わってきました。

それでも幕府は何もしませんでした。

さすが日本人の事なかれ主義、ここに極まるといった感じですね!「ただちに影響はない」ってヤツです。

こうして嘉永6年(1853)6月3日。ペリー浦賀来航となるわけです。

二日目 焦る諸藩

翌6月4日、「外国船来る」の詳しい報告が幕府に届けられます。えらいことになった。幕閣は仰天し、川越藩、忍藩、会津藩、彦根藩の四藩に警備を厳重にせよと知らせます。さらに江戸に近い佐倉藩、館山藩、勝山藩(いずれも千葉)に出兵を命じました。ただし、くれぐれも穏便にと命じてありました…

「えっ!異国船!?」

幕府はペリー来航の情報を前もって知っていましたが、各藩の大名旗本には寝耳に水でした。いきなり軍勢を出せと言われても困るのです。どの藩も二百数十年の泰平に慣れきっており、まともな武具など準備できません。

あわてて古道具屋に買いに行ったり、口入れ屋に頼んで足軽を手配したりしました。

先祖伝来の甲冑などはたいがいどこかに行ってしまったり質屋に入っています。それで、あわてて古道具屋に殺到して揃えようとする。

古道具屋は大儲かりです。ふつうなら十両そこらの甲冑が七十両、八十両、破れた甲冑も二十両、三十両で売れました。

さらに破れた甲冑は修理しないといけない。それで加治屋・武具屋も大いに儲かったということです(『幕府衰亡論』福地源一郎)。

甲冑は 異国のかげで土用干し 武具馬具屋 渡人(わたんど)さまと そっといい

そんな川柳も詠まれした。渡人さまとはアメリカのことです。武具屋馬具屋は商売が繁盛して、アメリカさまさまだと。

武士たちがガチャガチャやり出すと、庶民にも騒ぎが広がります。ああ大変だ。異国が攻めてくる。戦になるんだ!そう言って夜逃げする者もあらわれました。

6月5日 徳川斉昭を説得

翌6月5日。薩摩、長州、熊本など大きな藩にも江戸の沿岸警備が命じられます。

さてこの日、老中阿倍正弘は水戸の徳川斉昭のもとを訪ねます。徳川斉昭はガチガチの攘夷論者です。面倒な人物です。常常、こんなことを言っていました。

「外国人など一匹残らずぶち殺せ。内地の戦争であれば勝てば土地を得ることだしトクにもなる。しかし外国相手だと何にもならん。せめて船と大砲を奪えば、少しは励みにもなる」

いつもこの調子で鼻息を荒げていました。しかも御三家の一として徳川斉昭は天下に発言力を持っています。だから今回外国と交渉するにあたって、老中阿倍正弘は、とりあえず話を通しておこうと思ったのです。どんなにか怒られるだろうなァとビクビクしながら。

ところが。

徳川斉昭はペリー艦隊についての詳細な報告を受けて、むむむ…15センチの大砲!これはダメだ。とてもぶん取るどころではない…。そこでこのように返事しました。

「今となっては、打ち払うばかりがよいとは言えまい。よく皆で話し合ってから決めなさい」

あれほど勇ましく攘夷論を振りかざしていた徳川斉昭が!いざ外国船が迫ると!コロッと態度を変えました。

何と節操のない…それぐらいは思ったかもしれませんが、とにかく阿倍正弘は、徳川斉昭からの「打ち払うばかりではない。皆で話し合って決めろ」とのお墨付きを得て、戻っていきました。

この日、ペリー艦隊は全く動きませんでした。

「もしや言うことを聞いて長崎に行くつもりでは?」

幕閣たちは期待しましたが、後で調べてみたら、何のことはない。この日は日曜日で、みんな休んでいたのでした。

明日に続きます。お楽しみに。

発売中です

新選組 結成篇・激闘編
http://sirdaizine.com/CD/MiburoInfo1.html

上巻「結成篇」は近藤勇・土方歳三・沖田総司らの少年時代から始まり、試衛館道場時代、そして浪士組募集に応じての上洛した壬生浪士組がやがて新選組となる中で、八月十八日の政変。初代局長芹沢鴨の暗殺といった事件を経て池田屋事件に至るまでを語ります。

下巻「激闘篇」は禁門の変から第一次・第二次長州征伐、薩長連合、そして大政奉還と時代が大きく動く中、新選組内部では山南敬助の処刑、伊東甲子太郎一派との対立。近藤勇は時勢にあらがおうとするも叶わず、鳥羽伏見の戦いで惨敗した新選組は江戸へ下り、甲州勝沼、下総流山と転戦するも、ついに近藤勇が捕えられ、板橋で処刑されるまでを語ります。

特典の解説音声「桜田門外の変」は6月30日お申しこみまでです。お早めにどうぞ。

詳しくはリンク先まで
http://sirdaizine.com/CD/MiburoInfo1.html

解説:左大臣光永