光仁天皇~天武系から天智系へ

白壁王の擁立

770年、称徳天皇が崩御すると、大問題が起こります。称徳天皇は生涯未婚で跡取りがいらっしゃらなかったのです。

高位高官たちを前に、右大臣吉備真備が発言します。

「これでは皇室が途絶えてしまう。どうしたものか?」

藤原百川(ふじわらのももかわ)が発言します。藤原式家の祖である藤原宇合(ふじわらのうまかい)の息子です。

「私は白壁王を推します」

スポンサーリンク

ざわざわっ…

ここでおさらいです。

藤原四子
【藤原四子】

天武系から天智系へ

一同驚きます。なにしろ白壁王はすでに62歳のご高齢。しかも天智天皇の孫です。言ってみれば現政権にとって敵方にあたるわけです。壬申の乱で勝利した大海皇子が天武天皇として即位して以来、しばらく天武系の天皇がつづいてきました。

白壁王
【白壁王】

「百川殿、これは大胆なご意見ですね。
私などは天武帝の孫であらせられる
文室浄三(ふんやのきよみ)殿を推したいのだが…」
「ありえません」

藤原百川は左大臣藤原永手・内大臣藤原良継らと共に白壁王の擁立を強くおしすすめます。一説によると、白壁王擁立に反対する吉備真備の前で偽の遺言を読み上げてまで、藤原百川は白壁王を推したといいます。

こうして770年、白壁王は光仁天皇として即位しました。壬申の乱以来、ほぼ100年ぶりの天智系の天皇です。以後、平成の今日にいたるまで天智系の天皇が続いています。

ちなみに白壁王の父・志貴皇子は天智天皇第七皇子で、万葉歌人としてよく知られています。

石(いは)ばしる 垂水の上の
さ蕨の 萌え出るづる 春になりにけるかも

(岩の上をほとばしる滝の上の蕨が芽吹く、春になったよ)

吉備真備の最期

藤原百川との対立が関係しているのかどうか…吉備真備は称徳天皇崩御後の770年、辞職します。

(俺の時代も終わった…)

そして5年後の775年世を去りました。享年81。学者出身で大臣の位にのぼったのは、吉備真備と菅原道真の二人だけです。

井上内親王の呪詛事件

光仁天皇の皇后を井上内親王(いかみのひめみこ いのえないしんのう)、皇太子を他戸親王(おさべのみこ)といいました。

井上内親王
【井上内親王】

772年、井上内親王が、夫である光仁天皇を呪い殺そうとしていると嫌疑をかけられ、皇后の位を廃されます。同時に他戸親王も皇太子を廃されました。

井上内親王、他戸親王の母子は大和国宇智郡(現奈良県五條市)の館に幽閉され、775年4月27日に同じ日に亡くなります。

渡来人の血を引く皇太子

かわって山辺親王が皇太子に立てられます。山辺親王の母は渡来人で、したがって天皇になれる可能性は低かったのですが、この呪詛事件によって機会がまわってきました。

山辺親王
【山辺親王】

これらの事件の裏には、藤原百川の策謀があったという説が有力です。

「親王さま、すべて百川にお任せください。
必ず親王さまを帝位につけてみせます」

「そうは言うが…私の母はしがない渡来人。
どうにもならんぞ」

「私に考えがございます。
そのかわり親王さまが即位したあかつきには…」

こんな感じだったんじゃないかと。この山辺親王が後の桓武天皇です。藤原百川自身は桓武天皇の即位を見る前に亡くなりますが、百川の属する藤原式家は桓武天皇のもと重用されていくのです。

藤原式家
【藤原式家】

つづき 『万葉集』の成立

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク