『古今和歌集』の成立

延喜5年(905年)、醍醐天皇の勅命で、
日本発の勅撰和歌集『古今和歌集』の編纂が始まります。

「古き歌も、今の世の新しき歌も、よき歌はみな集めて、
歌集を作るのだ。そのほうらの力を貸してくれ」

「ははっ」

スポンサーリンク

撰者として選ばれたのは、

紀友則(きのとものり)
紀貫之(きのつらゆき)
凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)
壬生忠岑(みぶのただみね)

当時を代表する四人の歌人たちでした。

最初は紀友則がリーダーでしたが、
途中で亡くなったようで、
従弟の紀貫之がリーダーを引き継ぎます。

このような勅撰和歌集が編纂されることになった背景として、
894年遣唐使の廃止があります。
長年中国の文化を輸入して、真似をしてきたけども、
ここらで日本独自のものを見直していこうじゃないかと。

8年後の延喜13年(913年)ごろ(異説あり)
『古今和歌集』は完成し、醍醐天皇に献上されました。

約150年間、約130人の歌人、
約1100首(長歌・旋頭歌以外は短歌)を全二十巻に収めます。

歌は内容ごとに春・夏・秋・冬の四季、恋の歌、
別れの気持ちを詠んだ離別歌、
旅の気持ちを詠んだ羈旅歌など13の
「部立(ぶだて)」に分類されました。

『古今和歌集』のこの部立は、後につづく八大集、
二十一代集にも引き継がれていきます。

仮名序

『古今和歌集』には序文が二つあります。

巻頭の紀貫之による序文「仮名序」と、
巻末にの紀淑望(きのよしもち)による「真名序」です。

「仮名序」は仮名で、「真名序」は漢文で書かれているという、
表現の違いのみで、内容はほぼ同じです。
歌は人の心をなぐさめる、ということが書かれています。

特に紀貫之の「仮名序」は有名で、
高校入試などでもよく出題されるところです。
学校で習った記憶がある方も多いでしょう。

やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。
世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふことを、
見るもの聞くものにつけて、言ひ出せるなり。

花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、
いづれか歌をよまざりける。

力をも入れずして天地を動かし、
目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、
男女の中をも和らげ、猛き武士の心をも慰むるは歌なり。

●現代語訳
和歌は人の心を種として、いろいろな
言葉の葉が繁ったようなものである。
この世に生きている人は、いろいろな事物に
いそがしく接しているので、
心に思うことを、見るにつけ聞くにつけ、歌に詠むのだ。

花の間に鳴く鶯、水に住む河鹿の声を聞けば、
この世に生きているもので歌を詠まないものがあろうか。

力をも入れずに天地を動かし、
目に見えない死者の霊の心にも訴えかけ、
男女の仲をなごませ、
猛々しい武士の心をもなぐさめるのは歌である。

次回「平将門の乱(承平の乱)」に続きます。

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク