四度の遷都

藤原広嗣の乱

天平12年(740)9月。九州で大宰少弐・藤原広嗣(ふじわらの ひろつぐ)が反乱を起こしました。

なぜ藤原広嗣は反乱を起こしたのか?

それは、三年前の天平9年、政権を握っていた藤原四兄弟が天然痘で死に、かわって政権を握ったのが、橘諸兄(たちばなの もろえ)です。

橘諸兄は政界から藤原氏を締め出しました。そのため藤原宇合(うまかい)の子・広嗣は危機感を強め、藤原氏の巻き返しを狙って、九州で反乱を起こしたのです。


藤原広嗣 略系図

聖武天皇の行幸

天平12年(740)10月、九州で反乱が続く中、聖武天皇はおかしな行動に出ます。突如、平城京を出て、伊勢に行幸したのです。以後、五年間、聖武天皇は平城京に戻りませんでした。

なぜ聖武天皇は5年もさまよったのか?いろいろな説があります。

・藤原広嗣の一味が平城京で騒ぎを起こすのを避けようとした説、
・壬申の乱で天武天皇の進撃したコースをたどることによって、危機意識を高めようとしたという説、
・単なるノイローゼだった説

しかしどの説も決定打に欠け、ほんとうの所はわかりません。

天平12年(740)11月のはじめ、伊賀に滞在中の聖武天皇のもとに知らせが届きます。反乱は鎮圧され、藤原広嗣は処刑されたと。しかし聖武天皇は平城京へ戻りませんでした。

>

そのまま濃尾平野を北上し、関ヶ原を越え、近江に入り、湖東平野を南下していきます。その間、都を平城京から恭仁京(現 京都府木津市)に移す詔を出しました。これは右大臣橘諸兄の進言を容れたものと言われています。

聖武天皇は橘諸兄を先行させて恭仁京の造営に当たらせました。天皇自身は天平12年(740)12月15日に恭仁京に入りました。


恭仁宮跡(山城国分寺跡)

恭仁京の造営

翌天平13年(741)から天平14年(742)にかけて、恭仁京の造営が行われました。武器を運ばせ、平城京にいた官人たちを引っ越させ、平城京の東市・西市を恭仁京に移転しました。

平城京の大極殿やその回廊は解体され、恭仁京に運ばれました。

その間、「国分寺・国分尼寺造営の詔」という重要な詔が出されています。

紫香楽宮の造営

天平14年(742)2月、恭仁京の造営はまだ続いていましたが、別の動きがあらわれます。

恭仁京から東北へ30キロばかり、近江国甲賀(こうか)郡にのびる道路が作られました。8月、聖武天皇は「紫香楽村に離宮を作れ」と命令を出し、はじめて紫香楽に行幸。以後、翌年の冬まで聖武天皇の紫香楽行幸は計4回におよびました。

その間、聖武天皇は恭仁京の造営と並行して紫香楽宮の造営を進めていきました。ただし紫香楽宮ははじめ正式な都ではなく「離宮」でした。

大仏造営の詔

翌天平15年(743)10月15日、聖武天皇は紫香楽宮にて「大仏造営の詔」を出します。

「国中の銅を尽くして像を鋳造し、大きな山を削って仏殿を建て、仏法のおよぶ世界の人々を広く知識(同志)としよう。…天下の富を持っているものは朕である。天下の権勢を持っているのも朕である。この富と権勢をもってすれば大仏を作ることはたやすい。しかし、それでは願いが成就するのは難しい。…一枝の草、一にぎりの土であっても助力したいものはこれをゆるす」

10月16日、東海道・東山道・北陸道、三道の25カ国の今年の租庸調(税)をすべて紫香楽宮に集めるよう命令しました。いよいよ紫香楽宮で大仏造営にとりかかるための準備でした。

10月19日、聖武天皇は紫香楽宮に行幸。大仏を建立するため甲賀寺(こうかでら)の土地を開きました。民間伝道の指導者であった行基が弟子たちを率いて民衆に参加するよう呼びかけました。

12月26日、恭仁京の造営は停止されました。恭仁京・紫香楽宮と同時進行では予算がかかりすぎたためでしょう。それで恭仁京の造営は停止して、以後は紫香楽宮の造営に集中しようということになったのでしょう。

ところが、話はこれで終わりません。

難波宮へ遷都

翌天平16年(744)閏正月1日、聖武天皇はまたもおかしなことを言い出します。

「恭仁京と、難波宮と、どちらに都を置くべきか」

また遷都するというのです。役人たちの意見は難波宮・恭仁京で割れました。次に市に使いをやって市民に問いかけると、ほとんどの者が恭仁京と答えました。

それでも聖武天皇は、難波宮へ遷都しました。


難波宮跡

難波宮は飛鳥時代、孝徳天皇の時に都になりましたが、奈良時代にも離宮として使われていました。その難波宮を、正式な都とするというのです。

天平16年2月13日、聖武天皇は難波宮に入ります。2月26日、左大臣が勅を発します。「これより難波宮を都とする。人民は難波宮・平城京・恭仁京の間を自由に行き来して構わない」と。

紫香楽宮へ遷都

さて聖武天皇は難波宮を都とする一方、紫香楽宮の造営も続けていました。

天平16(744)11月13日、甲賀寺にはじめて盧遮那仏の体骨柱を立てて、聖武天皇みずからその縄を引きました。

天平16(744)11月17日、元正太上天皇が難波宮を出て紫香楽宮に行幸します。おそらく聖武天皇が招いたのでしょう。ところが翌天平17(745)正月1日の記事に、驚くべきことが書いてあります。

「にわかに新京(紫香楽宮)に遷都」

なんと、昨年難波宮に遷都したばかりなのに、またも紫香楽宮に遷都したのです。もうわけがわからないですね…

平城京へもどる

しかし4月以降、紫香楽宮では山火事や地震が相次ぎました。恩赦を下したり、お経を読んだりしましたが、効果はありませんでした。

天平17年(745)5月2日、太政官(奈良の朝廷における最高意思決定機関)は役人たちに問います。「どこを都を置くのがよいか」皆が答えました。平城京がいいと。

それで紫香楽宮は廃止となり、平城京に戻ることになりました。聖武天皇はいったん恭仁京に入り、5月11日、平城京に帰還しました。

藤原広嗣の乱のさなかに出発してから4年半ぶりの帰還でした。聖武天皇の車が木津川にかかる和泉橋にさしかかった時、人民は橋の左側からはるかに聖武天皇の車を拝して「万歳」と叫びました。


木津川(泉川)


平城宮阯 復元大極殿

盧遮那仏建立は平城京の東大寺で引き継がれ、天平勝宝4年(752)に開眼供養が行われました。


東大寺 盧遮那仏

つづき 三世一身の法と墾田永年私財法

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク