親鸞の生涯(最終回)入寂

こんにちは。左大臣光永です。

先日は京都駅八条口の長福寺で「声に出して読む 小倉百人一首」を開催しました。今回は七回目。最終回でした。一年間の、さまざまな思い出が胸によぎり、しみじみしました。二次会も京都駅近くの居酒屋で大いに盛り上がりました。来てくださった方々、ありがとうございます!

本日は「親鸞の生涯(最終回) 入寂」です。

オンライン版■百人一首 全首・全歌人 徹底詳細解説
http://sirdaizine.com/CD/Ogura100info3.html

オンライン版■李白 詩と生涯
http://sirdaizine.com/CD/Rihaku01.html

京都講演■京都で声を出して読む 小倉百人一首
http://sirdaizine.com/CD/KyotoSemi_Info.html

親鸞 過去配信ぶん
https://history.kaisetsuvoice.com/cat_Kamakura.html#Shinran

晩年の著述活動

息子・善鸞を義絶して親子の縁を切った後、親鸞の執筆活動はいよいよ盛んになりました。

その傍ら、法然聖人の『選択本願念仏集(せんじゃくほんがんねんぶつしゅう)』を書写し、関東の弟子たちに消息(手紙)や聖教を送り続けました。

「父上、あまり根をつめられては、お体に触ります」

「覚信…心配するな。それよりも私は生きているうちに、書き残さねばならぬのだ…ごほっ」

入寂

弘長ニ年(1262)11月下旬、90歳の親鸞は三条富小路の住房「善法坊(ぜんぽうぼう)」にいました。この頃から親鸞は体調が悪くなります。世俗のことはあまり口にしなくなり、もっぱら念仏ばかりしていました。

「私が死んだら賀茂川の魚の餌にしてくれ」
「そんな父上…」

末娘の覚信尼が、親鸞の看病をしました。息子の益方(ますかた)入道も越後からかけつけました。親鸞の妻・恵信尼はこの年81歳。越後から京都への旅はとてもかないませんでした。それで息子の益方入道を京都によこしたのでした。

弘長二年(1262)11月28日、ついに息を引き取りました。享年90。

我が歳きわまりて、
安養浄土(あんにょうじょうど)に還帰(げんき)すというとも、
和歌の浦曲(わかのうらわ)の片男浪(かたおなみ)の、
寄せかけ寄せかけ帰らんに同じ。
一人居て喜ばは二人と思うべし、
二人居て喜ばは三人と思うべし、
その一人は親鸞なり。

我なくも法(のり)は尽きまじ和歌の浦
あおくさ人のあらんかぎりは

弘長二歳十一月

愚禿親鸞 満九十歳

『御臨末の御書(ごりんまつのごしょ)』

わが命は尽きて弥陀の浄土に帰っていくが、
和歌の浦曲(わかのうらわ)の片男浪(かたおなみ)…和歌山県和歌浦に
長く突き出した地形)の波が、寄せては帰るのと同じで、また帰ってくる。

一人いて喜ぶ時は二人と思え。
二人いて喜ぶ時は三人と思え。
その一人は親鸞である。

私がいなくても仏の教えは尽きないだろう。
和歌の浦の青草のように人がたくさんにいる限りは。

「和歌の浦曲」は和歌山県和歌浦ち海岸の湾曲した所。「片男浪」は和歌の浦の砂嘴(さし)。「砂嘴」は砂の堆積して海の中に突き出した地形。

お釈迦様と同じく、頭を北に、顔を西に、右脇を下にしての御入滅でした。弘長二年(1262)11月28日は新暦でいうと弘長三年(1263)1月16日です。明治以降、この1月16日が親鸞の命日とされ、本願寺では毎年報恩講が行われています。

御臨終の席には末娘の覚信尼(39歳)と、息子の益方(ますかた)入道、そして多くの門弟の方々がいました。

御臨終の地「善法坊(善法院)」の場所についてはいくつか説があります。しかし一般には現在の京都市役所の西、御池通(おいけどおり)柳馬場(やなぎのばんば)の京都市立京都御池中学校付近とされています。

見真大師遷化之旧跡
見真大師(親鸞)遷化之旧跡

見真大師遷化之旧跡
見真大師(親鸞)遷化之旧跡

親鸞の遺体は1月29日には鳥辺野(とりべの)の南・延仁寺(えんにんじ)で荼毘に付され、翌30日、拾骨し、鳥辺野北の大谷(おおたに)に葬られました。50年前に法然聖人の遺体を埋葬した場所の近くです。

翌12月1日付けで、覚信尼は越後にいる母・恵信尼に父親鸞の往生を報告しました。

10年後の文永9年(1272)、親鸞聖人の墓を末娘の覚信尼の敷地内、現在の知恩院三門北側の崇泰院のあたりに移しました。

崇泰院(大谷本願寺故地)
崇泰院(大谷本願寺故地)

この時、親鸞聖人の遺徳をしのぶ人々により廟堂が建てられ、聖人の木造が安置されました。親鸞聖人の廟堂は「大谷廟堂(おおたにびょうどう)」「大谷御影堂(おおたにごえいどう)」などとよばれるようになります。

これが後の本願寺に発展していきます。

大谷廟堂から石山本願寺へ

「大谷廟堂」「大谷御影堂」は留守職(るすしき)とよばれる管理人によって三代にわたって守られました。留守職は親鸞聖人の末娘・覚信尼(かくしんに)を初代として、覚信尼→覚恵(かくけい)→覚如(かくにょ)と世襲されました。三代覚如のとき、それまで「廟堂」だったものを「寺」にあらため「本願寺」と名乗りました。

室町時代、八代蓮如聖人のとき大谷の本願寺は大いに栄えますが、他の宗派の反感を買い、寛正6年(1465)比叡山延暦寺によって破壊されました。

蓮如聖人はその後、北陸・関東・東北で布教活動に励み、本願寺勢力を回復し、京都の東・山科(やましな)に本願寺を再建しました。しかしこの山科本願寺も蓮如没後の享禄5年(1532)、日蓮衆徒と近江の六角定頼(ろっかく さだより)の連合軍に焼き討ちにされます。そこで山科から大坂に本山を移し、石山本願寺となりました。

石山本願寺推定地(大阪城内)
石山本願寺推定地(大阪城内)

以後、石山本願寺は大いに勢いを増します。寺内町が発達し「摂州第一の名城」と讃えられました。戦国時代には11代顕如の下、一向一揆の総元締めとして、名だたる戦国大名たちにも劣らぬ一大勢力となりました。

大阪城 蓮如上人袈裟がけの松跡
蓮如上人袈裟がけの松跡(大阪城内)

やがて天下布武をめざす織田信長と対立します。元亀二年(1571)比叡山延暦寺を焼き討ちにした織田信長は、次なる敵を石山本願寺とさだめます。元亀元年(1570)から天正8年(1580)まで11年間、石山本願寺と信長の間で石山合戦が戦われました。

天正8年(1580)石山本願寺は正親町(おおぎまち)天皇のなかだちで信長と講和をむすびました。しかし講和といっても事実上は石山本願寺の敗北でした。

この時、信長との講和をめぐって、本願寺内部で対立が起こりました。顕如の長男・教如は最後まで信長との徹底抗戦を主張したため、ついに顕如は教如を一時的に勘当しました。このことが後の西本願寺・東本願寺の分裂につながっていきます。

本願寺は講和条件により大坂を離れて紀州鷺宮(さぎのもり)・貝塚・天満(てんま。大阪府大阪市北区天満)を経て、天正19年(1591)豊臣秀吉に京都六条堀川に土地を与えられ(現在の西本願寺の位置)ふたたび京都に移されました。

現 西本願寺 阿弥陀堂
現 西本願寺 阿弥陀堂

西本願寺・東本願寺に分裂

文禄元年(1592)11代顕如が没すると長男の教如が12代となります。ところが翌年、豊臣秀吉により、教如はやめさせられ、弟の准如が本願寺12代となります。教如はやむをえず隠居しました。

慶長5年(1600)徳川家康が関ヶ原の合戦に勝利し天下をにぎります。2年後の慶長7年(1602)、家康は隠居していた教如に六条烏丸(ろくじょうからすま)に土地を与えます。教如はここにもうひとつの本願寺…東本願寺を開きました。

現 東本願寺 御影堂門
現 東本願寺 御影堂門

こうして西本願寺・東本願寺に分裂して今に至ります。

告知

オンライン版■百人一首 全首・全歌人 徹底詳細解説
http://sirdaizine.com/CD/Ogura100info3.html

★スマホ →OK!
★パソコン →OK!
★iPad・タブレット→OK!
★CD-ROM  →不要!

小倉百人一首の全首を、歌人の経歴、歌人同士のつながり、歴史的背景などさまざまな角度から楽しく、詳しく解説した解説音声+テキストです。単に歌を「覚える」ということを越えて、深く、立体的な知識が身につきます。

オンライン版■李白 詩と生涯
http://sirdaizine.com/CD/Rihaku01.html

李白の代表的な詩33篇を選び、日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたものです。

李白の生涯をたどりながら、詩の朗読と解説を挿入するという構成になっています。通して聴くと、李白の詩とともに李白の人物像が浮かび上がってきます。

時に豪快。時に繊細な、李白の詩の世界にとことんひたれます。

京都講演■京都で声を出して読む 小倉百人一首
http://sirdaizine.com/CD/KyotoSemi_Info.html

4/28(日)17時~京都駅八条口徒歩10分。長福寺にて。最終回。小倉百人一首の歌を会場のみなさまとご一緒に読み、解説していきます。86番西行法師~

解説:左大臣光永

■解説音声を一括ダウンロードする
【古典・歴史】メールマガジンはこちら