織田信長(十九) 近江・小谷城攻略

義昭・信長 蜜月時代

その後も、足利義明と織田信長の関係はバランスが取れていました。けして仲がいいわけではないけども、決定的に対立に至るわけでもないという二人三脚・持ちつ持たれつの関係です。

むしろ足利義昭は信長に気を遣う一面もありました。

「京都に屋敷が無いと不便だろう。作ってやる。いや、費用は気にするな。ぜんぶこっちでやるから」

そんな提案までしています。義昭・信長の蜜月時代と言えるでしょう。

本願寺顕如の信長包囲網

その間、本願寺顕如が反信長勢力の中心として各地の反信長勢力を集め、信長包囲網を築かんとしていました。また東近江では浅井・朝倉連合軍が信長に敵対していた。そんな状況の中、

元亀三年 小谷城攻め

元亀3年(1572)7月19日、信長は5万の軍勢を率いて岐阜から出陣し近江に入り小谷城を攻めます。これは嫡男信忠の初陣でもありました。

「信忠、怖くはないか」
「怖くないです。信忠は戦えます」
「よし。そのイキぞ」

そんな感じだったでしょうか。

信長は小谷城周辺の支城に次々と放火し、小谷城南2キロメートルに位置する虎御前山(とらごぜやま。現滋賀県長浜市)に陣を取り総攻撃の構えを取ります。

「なに、小谷城が信長に攻められている!
まずい」

7月28日。

朝倉義景が1万の軍勢を率いて越前から近江に進んできました。しかし。織田軍5万に対して朝倉義景は攻撃をしかける決断がつかず、

「ああ、どうしたものか。信長軍は強そうじゃのう」

ただ小谷城近くの高台に陣取り、状況を見守るばかりでした。

「うむむ…朝倉義景、何をしておるか。
攻めるなら早く攻めてこぬか」

そう思った信長は朝倉義景をさかんに挑発します。側近の堀秀政(ほり ひでまさ)を遣わして、

「日を決めて一戦交え、勝負を決めましょう」

などと言わせました。しかし臆病者の朝倉義景は、

「いや、しかし、だがなあ」

ただ迷い、躊躇するばかりでした。

朝倉義景は戦国武将としての決断力に欠けていました。しかし朝倉義景のグズグズした態度は、結果として信長方に不利に働き、今回も小谷城を落とせぬまま、信長は軍勢を率いていったん横山城に集結し、岐阜に引き上げていきました。これが元亀3年(1572)9月16日のこと。

解説:左大臣光永

歴史の解説音声を無料ダウンロードする

「仏教の伝来」「清少納言と紫式部」など、日本史の名場面を、一回10分程度で楽しくわかりやすく語った解説音声です。全58章10.8時間。社会人の学びなおしにもどうぞ。あと長距離バスで移動中とかいいと思います。

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら