豊臣秀吉(十二) 清洲会議

歴史解説「長屋王の変」(15分)

歴史解説「新田義貞の挙兵と、鎌倉幕府の滅亡」(13分)

歴史解説「蒙古襲来(元寇)」(40分)

歴史解説「明治の廃仏毀釈(24分)」

天正10年(1582)年6月27日、信長の後継者を決めるための会議が、尾張国清洲城で開かれます。

いわゆる清洲会議です。

集まった面々は羽柴秀吉・柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興。織田家家臣団の四重臣でした。

「私は三男の信孝(のぶたか)さまを推す」

という柴田勝家の主張に対し、羽柴秀吉は、

「長男信忠さまの子・三法師(さんぼうし)さまこそ、後継者としてふさわしい」

天正10年(1582) 清洲会議
天正10年(1582) 清洲会議

三法師を出してきたのは秀吉の抜け目ない所でした。次男の信雄(のぶかつ)も三男の信孝(のぶたか)も、この年25歳。父の跡をつぐにはじゅうぶんな年齢です。しかし3歳の三法師ならば…秀吉が黒幕として操る余地はじゅうぶんにありました。

丹羽長秀・池田恒興も秀吉の側につきます。結局、明智光秀を討った羽柴秀吉のほうが発言力が強かったです。柴田勝家の意見は退けられます。

4日後、柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興の三人が集まっている所に、三法師を抱いた羽柴秀吉が現れると、は、ははーっと柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興は平伏。ここに、三法師が織田家の家督を継ぎ、三法師をあやつる秀吉が、新体制のトップと決まりました。

「おのれ秀吉。ワシは認めぬぞ…」

柴田勝家との対決は避けられないことになってきました。

解説:左大臣光永

歴史の解説音声を無料ダウンロードする

「仏教の伝来」「清少納言と紫式部」など、日本史の名場面を、一回10分程度で楽しくわかりやすく語った解説音声です。全58章10.8時間。社会人の学びなおしにもどうぞ。あと長距離バスで移動中とかいいと思います。

↓↓↓こんな感じで喋ってます「武田信玄の生涯」↓↓

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら