紫式部7 紫式部の「憂し」

悲しみにとらわれる

こんな楽しげな毎日であるにもかかわらず、式部はたまに里に帰ると、ふと憂鬱にとらわれました。過ぎ去った昔を思うと、さまざまに感慨がこみ上げました。同僚の女房、大納言の君とのやり取り。

大納言の君の、夜々御前にいと近う臥したまひつつ、物語りしたまひしけはひの恋しきも、なほ世にしたがひぬる心か

(大納言の君が、夜毎に中宮さまの御前にたいそう近くお臥しになりつつつ物語なさった様子が恋しいけれど、やはり今の境遇に流れていってしまう心であるよ)

うきねせし 水の上のみ 恋しくて 鴨の上毛に 冴えぞ劣らぬ

(あなたと一緒に仮寝した宮中のことばかり恋しくて、寒々とした気持ちなのは鴨の上毛にもまさっていますよ。「うきね」は水の上で寝ること。宮中の浮ついた気持ちをあらわす。「憂き寝」を掛ける。「水の上」…鴨にとっての「水の上」は式部にとっての「宮中」)

返し

うちはらふ 友なき頃の 寝覚めには 番ひし鴛鴦(おし)ぞ 夜半に恋しき

(鴨の羽におりた霜を打ち払うように語り合う友もいない今は、夜半に目が覚めると、番の鴛鴦のようにあなたと一緒にいたことが愛おしく思えます)

中宮彰子、還幸

寛弘5年(1008)11月17日、中宮彰子は敦成親王とともに土御門邸を後にし、内裏に還御しました。式部も中宮に従って一条院内裏へ入ります。

寛弘5年の暮れ

寛弘5年(1008)も年が押し詰まりました。式部は12月はじめに里に退り、29日にふたたび一乗院内裏へ。宮仕えにもすっかり慣れてきて、2年前はじめて出仕した時の(たった5日でやめて引きこもった)あの頃の式部とは、まるで違っていました。本人もそれを自覚するのでした。(ずいぶん慣れてきたわ。でもそれもある意味つまんないかも)と。

師走の二十九日に参り、はじめて参りしも今宵ぞかしと思ひ出づれば、こよなう立ち馴れにけるもうとましの身のほどやと思ふ。夜いたうふけにけり。前なる人々、「内裏(うち)わたりは、なほいとけはひことなり。里にては、今は寝なまし。さもいざとき沓のしげさかな」と、色めかしく言ふを聞く

(師走の二十九日に再度、出仕した。はじめて出仕したのも今夜だったなあと思い出すと、たいそう宮仕えにも慣れてまった、いやらしい身の上だと思う。夜がたいそう更けてきた。前にいる女房たちが、「内裏のあたりは、やはり里とは様子が違うわね。里なら、今は寝ている時間でしょう。ほんとうに寝つけないほど、沓の音がやかましいわね」と、色めかしく言うのを聞いて)

年暮れて 我がよふけゆく 風の音に 心のうちの うさまじきかな

(年が暮れて、私の年齢もかさんでいく。風の音をきくと、心のうちに寒々したものが吹き付けるよ)

清少納言への批評

さて、藤原道長の周辺に対する紫式部の観察はとてもほがらかで、優しく、肯定的です。しかし一方で、同僚の女房などに対しては、辛辣な批評を書いています。中にも大先輩の女房、清少納言への批評がキツいことは、よく知られています。

清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。さばかりさかしだち、まな書きちらしてはべるほども、よく見れば、まだいとたらぬことおほかり。かく、人にことならむと思ひこのめる人は、かならず見劣りし、行くすゑうたてのみはべれば、艶なりぬる人は、いとすごうすずろなるをりも、もののあはれにすすみ、をかしきことも見過ぐさぬほどに、おのづから、さるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。そのあだになりぬる人の果て、いかでかはよくはべらむ。

清少納言こそ、したり顔で嫌な人です。あのようにかしこぶって、漢字を書き散らしていますその教養のほども、よく見れは、まだたいそう足りないことが多いです。このように、人と違ったふうにあろう好んで思う人は、かならず見劣りし、将来は悪くなっていくばかりですから、風流ぶろうとする人は、たいそう殺風景でつまらない時でも、もののあはれを(ムリに)感じようとして、興深いことも見過ごさないようにしているうちに、自然と、方向違いでつまらない様子にもなるに決まってます。そのつまらなくなった人の将来が、どうして良くなるでしょう。

晩年

晩年の紫式部がどう過ごしたのかは、わかりません。しかし『紫式部集』に晩年の気持ちを詠んだとおぼしき歌のやり取りがあります。

初雪降りたる夕暮れに、人の
(人は同僚の女房と思われる)

恋ひわびて あり経るほどの 初雪は 消えぬるかとぞ 疑はれける

(あなたを恋い慕う辛い思いが、ずいぶん長く続いています。今朝降った初雪がいつの間にか消えてしまったように、あなたも消えてしまうのではないかと心配です)

返し

ふればかく うさのみまさる 世を知らで 荒れたる庭に 積る初雪

(年を経れば(雪がふれば)悲しさばかりがまさるこの世のことを知らないで、荒れた庭に積る初雪よ。「ふれば」は「降れば」と「経れば」を掛ける)

紫式部が親しくしていた同僚の女房・小少将が亡くなった後、生前の彼女の手紙を見つけたので、式部はそれを二首の歌に託して、友人・加賀少納言のもとに送りました。

暮れぬ間の 身をば思はで 人の世の あはれを知るぞ かつはかなしき

日がまだ暮れていない間だけの、はかない身であることを思わずに(棚に上げて)、あの人の人生のはかなさを知るのは、悲しいことです。

たれか世に ながらへて見む 書きとめし 跡は消えせぬ 形見なれども

(誰がこの世に生きながらえてこの手紙を見るでしょう。書き留めた筆の跡は消えない形見だとはいっても。結局は皆、死んでしまい、誰も思い出さなくなる)

これに対する返し

亡き人を しのぶることも いつまでぞ 今日のあはれは 明日のわが身を

(亡き人をしのぶこともいつまで続くでしょうか。今日は人の死を悲しんでいるとはいっても、明日はわが身のことですから)

解説:左大臣光永

Warning: include(../AdsecneUnder.inc) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/pupu.jp-sirdaizine/web/history/Murasaki7.html on line 339

Warning: include(../AdsecneUnder.inc) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/pupu.jp-sirdaizine/web/history/Murasaki7.html on line 339

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../AdsecneUnder.inc' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.3/lib/php') in /home/users/0/pupu.jp-sirdaizine/web/history/Murasaki7.html on line 339