推古天皇

三頭政治

推古天皇は日本初の、そして東アジア初の女帝として即位されました。欽明天皇の第二皇女で、用明天皇の同母妹として生まれ、幼少の頃は額田部皇女(ぬかたべのひめみこ)、後にカシキヤヒメと申し上げました。

欽明天皇~推古天皇まで
【欽明天皇~推古天皇まで】

容姿端麗で、ふるまいも優雅でした。18歳の時、敏達天皇の皇后に立ち、34歳の時に敏達天皇が崩御します。39歳の時、蘇我馬子によって崇峻天皇が暗殺されると、帝位が空になってしまいます。

スポンサーリンク

「どうか皇女さま、帝位についてください」

「これでは国が傾きます」

「そんな…私にはとても」

カシキヤヒメは辞退しますが、百官は上表文を奉り、再度カシキヤヒメに願いいれます。三度目にようやくカシキヤヒメは即位のご決断をされました。

第33代推古天皇です。豊浦宮(とゆらのみや)で即位されました。現在の明日香村豊浦(とようら)です。

推古天皇は即位すると、甥にあたる厩戸豊聡皇子(うまやとのとよみみのみこ)を皇太子としてまた摂政として立てられました(以後、厩戸皇子)。厩戸皇子は用明天皇の第二子で、母の皇后を穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と申し上げました。

法隆寺 五重の塔
法隆寺 五重の塔

皇子がお生まれになった日、皇后は宮中のさまざまな役所を視察しておられる所で、馬を扱う役所で馬小屋のところで、何の苦しみもなくお生みになり、厩戸皇子と名づけられたといいます。

生まれてすぐ物をしゃべり、知恵にあふれており、成人すると十人の言葉を同時に聴き、しっかりと聞き分けたといいます。未来を予言できたとも。仏教を高麗の博士恵慈に習い、仏教以外の儒教などを百済の博士覚哿(かくか)に学んで、どちらも習得されました。

「お前はかしこい子だ。なにか、奇跡的な気がする」

父の用明天皇は皇太子をことに愛され、宮の南の上殿(うえのみや)にすまわせました。厩戸皇子の一族を上宮王家(うえのみやおうけ)というのは、そのためです。

また推古天皇は厩戸皇子にお命じになり、仏教をさかんに行わせました。中にも四天王寺を建てたのは、衣摺の合戦で物部守屋を滅ぼすべく四天王に祈った時、「どうか敵を滅ぼしてください。そうすれば、寺を建てましょう」との約束を果たされたことでした。

また、蘇我馬子が、大臣(おおおみ)に任じられ、推古天皇・廐戸皇子・蘇我馬子三者体制の時代が始まります。

推古朝の新羅遠征

推古天皇の8年(600年)新羅と任那の間で争いが起きると、任那は倭に助けを求めてきました。そこで1万人余りの大群を率いて任那のために新羅討伐に向かいます。それっ、任那を助けるのだと勢いづいて、新羅に着くと早々、五つの城を攻め落とします。

「ひ、ひいい、…かなわぬ」

新羅王は恐れをなして白旗を揚げ、さらに六つの城を割譲してきました。大将軍と副将軍は話し合います。「どうしたものだろう。新羅王は降伏したいといっているが」「降伏してきた者をこれ以上攻めるのは、よくないでしょう」「うむ。私も同じ考えだ。すぐさま大君に奏上しよう」

推古天皇は文書を受け取ると、新羅にも任那にも役人を遣わし、調査させました。ほどなくして新羅・任那両国から倭国に使者が到着し、奏上します。

「天上には神がましまし、地上には大君がまします。この二柱の神をおいて、他にありがたいものが、あるでしょうか。もうわれらは争いません。また船の舵が乾く間もないほど、毎年必ず参って貢物を奉ります」

「…あのように申しているが、どうであろうか」

「まあ、信用してみましょう」

そこで将軍を引き揚げさせたところ、将軍たちが新羅から引き揚げると、すぐに新羅は任那に侵攻しました。

「やはり…彼らに約束を守るなどということは、はじめから期待するのが間違いでした。今度こそ攻め滅ぼしましょう」

翌推古9年(601年)、百済と高句麗に使者を送って、任那復興に協力するよう約束させました。翌602年の春。厩戸皇子の実弟・来目皇子(くめのみこ)を大将軍とし2万5千人を新羅討伐のために送り出しました。

しかし来米皇子は筑紫についた時、病にかかり、翌603年の春、筑紫で帰らぬ人となってしまいます。「なんですって、来米皇子が」知らせを受けた推古天皇はたいそう驚かれ、厩戸皇子と大臣蘇我馬子を召し出し、おっしゃいます。

「来目皇子が筑紫で薨じました。なんと悲しいことでしょう」

それを聞いて厩戸皇子は、ああと肩を落とし、

「新羅の奴らが、弟を殺したのです!」

普段は冷静な厩戸皇子も、この時ばかりは怒りに声を荒げました。

603年の夏、あらためて来目皇子の兄の当麻皇子(たぎまのみこ)を新羅を討伐するために遣わします。

「弟の敵・新羅を必ず滅ぼしてまいります!」

気負いたって難波を船で出発する当麻皇子。しかし明石で妻が亡くなると悲しみにかられ、遠征どころではなくなり、戻ってきてしまいました。こうした不幸が重なり、推古天皇の時代の新羅征伐は棚上げとなってしまいました。

≫次の章 遣隋使

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク