キリスト教の伝来(二)

「イゴヨクなろう」

学校でそう習った方も多いと思います。イゴヨクナロウ。1549年にカトリックの宣教師フランシスコ・ザビエルが薩摩を訪れ、キリスト教を伝えました。昨日今日、2日間にわたってキリスト教伝来前後の事情について、お話ししています。

京都

「何ですかこれは…!!」

天文19年(1550)年12月、フランシスコ=ザビエルは天皇に謁見するため、京都に向かいます。ザビエルは堺の商人・日比屋了珪(ひびやりょうけい)に迎えられ、京都に入ります。ところが!

京都でザビエルを待っていたのは、驚くべき光景でした。

「酷い…どうしてこんなことに!」

ザビエルが想像していた花の都とは、まるで違っていました。応仁の乱と、その後の戦乱により京都の町は破壊しつくされ、荒れ果てていたのです。しかも、天皇の権威もすっかり失われていました。

「天皇はん?知らん知らん」
「天皇?そんなん聞いたこともない」

そんな感じでした。

ザビエルの考えでは、天皇をキリスト教に改宗させ、それによって上から下まで、日本国民全員をキリスト教徒にするということを考えていたようですが、これではどうしようもない。断念さぜるを得ませんでした。たった11日間の滞在で、ザビエルは京都を去ります。

京都を去ったザビエルは平戸を経てふたたび山口に赴き、山口をキリスト教布教の拠点と定めます。何しろ、山口の領主・大内義隆は南蛮貿易にも熱心で、海外の文物にも理解がありました。

布教の困難

しかしザビエルの布教活動は、誤解されることも多くありました。当初、アンジローに翻訳を頼んでいて、キリスト教の神のことを大日如来の「大日」と置き換えて訳していたために、ああなるほど、キリスト教は仏教の一宗派なんだと、誤解されました。

「だから大日、大日がおっしゃいました、わかります?大日」

そんなふうに話していると、真言宗の僧たちが、

「わかりますわかります。大日如来。我々の信じているものと同じだ」

「大日如来…それ違うます!ぜんぜん、違う」

そんなこともあったため、ザビエルは後に大日という言葉は使わず、ラテン語の原音からデウスという言葉を使うようになりました。

ロレンソ了斎

さて山口の町でザビエルが布教活動をしていた頃、

べべん、べんべんべんべん…
祇園精舎の鐘の声~~

いい声が聞こえてきた。

「あん?何ですかあれは」
「ああ、あれは琵琶法師というものです。ああやって節をつけて、物語を語るんですよ」
「ほーう、なかなかいいものですね…ちょっとちょっと、あなた、いいお声ですねえ」

「どなたでしょうか?すみません。目が…見えませぬもので」
「や、こちらこそ失敬。私はイエズス会の宣教師・ザビエルと申します」
「ははあ、異国のお方ですか」

以後、この琵琶法師はたびたびザビエルの元でキリスト教の話を聴くうちに、すっかりキリスト教に魅了され、ついにイエズス会に入会するまでになりました。

ロレンソ了斎(りょうさい)です。

我らの日用の糧を~べべん
今日も我らに与えたまえ~べべん
我らに罪を犯すものを我らが許すごとく~べべん
我らの罪をも許したまえ~~べん、べん、べんべんべん…

ロレンソ了斎は琵琶法師でならした語りの技で、キリスト教の教義や聖書の物語を語り、多くの信者を獲得していきました。

日本布教の限界

ザビエルは日本宣教において行く先々で日本人から尊敬を受け、歓迎されました。それでも、日本人がキリスト教を受け入れるかというと別問題でした。宣教は困難を極めました。

当時の日本人がキリスト教に対して感じた疑問がいくつかあります。

「ザビエルさん、キリスト教の神さまが救いをもたらしてくれるということですが、だったらなぜ、今までその神さまは、日本にはあらわれなかったんですか?そんなにいいものなら、さっさと現れればいいじゃないですか」

「キリストさんに従うことだけが救われる道っていうけれど、だったら、キリストさんの教えを知る前に死んだ私の御先祖さまは、全員地獄に落ちたってことですか?」

ザビエルたちはぐっと言葉につまります。で色々考えた。何度も聖書を読み返したでしょう。日本の宗教についても勉強したでしょう。結果、こういう理屈に行きつきます。

「いや、日本に宣教が行われる前にも、日本人は聖書の教えを潜在的に身につけていた。だから、日本人は人を殺してはいけないとか、盗みをしてはいけないということを、当たり前の道徳として持っているのだ。それは聖書にある十戒の教えが潜在的に、日本人の中にもあるのだ」

そして、「キリスト教の教えを知らずに死んだ私の御先祖さまは、地獄に落ちたのか」という質問に対しては、ザビエルは最初「落ちた」と考えていましたが、それを言うと日本人が落ち込むので、

たしかにキリスト教を知らずに死んだけれども、それでも良心に従い人を殺さない、盗みをしないという十戒の教えを守っていたんだったら、地獄には落ちない。それは、潜在的に十戒の教えを守ることが、日本人の中にあったからなのです」

このように取り繕っています。

まあ苦しい説明ですね。

日本の宗教観や文化をキリスト教の狭い世界観の中に、強引に押し込めて説明しており、説得力はゼロです。

そもそも「殺すな」とか「盗むな」といった道徳は、世界のほとんどの宗教や文化に存在している一般的なものであって、聖書の十戒がそれら全てのオリジナルであると主張するのは無理があります。

だから全く説明にはなってないんですが、ザビエルには何かこういう、破綻しまくった論理であっても相手を納得させてしまう、人柄とか、アツい勢いがあったのだろうと私は思います。愛嬌があったんでしょう。

とはいえ、これらの質問に対しては今日のキリスト教会でも明確な答えを述べることはできないはずです。

なにしろ聖書の隅から隅まで読んでもこのような問題については何も書いてないので、「わからない」というのが最終的な答えになるかと思います。

山口の情勢

さて。平和な山口にも、しだいに暗雲が立ち込めてきます。

領主大内義隆は、出雲遠征に失敗してからというもの、戦国大名としての気概をすっかり失い、風流の遊びにふけっていました。連日、能を鑑賞し、詩歌管弦の遊びにふけり、政治のことはほったらかしになってしまいました。

京都から下ってくる公卿や、外国からの使節団を接待するために、重税が課せられました。歎き苦しむ民。

「こんなことが許されるか!」

大内家重臣・陶晴賢(すえはるかた)は、主君・大内義隆のていたらくに対し、怒りをたぎらせます。

「やるしかない。義のために、大内義隆を討つ!!」

天文20年(1551)8月、陶晴賢は5000の軍勢をもって山口を強襲。

この期に及んで大内義隆はまだ酒におぼれ、連日連夜、詩歌管弦の風流にふけっていましたが、実際に陶晴賢の軍勢が迫っているので、逃げ出さないわけにはいきませんでした。

大内義隆は山口を逃げ出し、長門・大寧寺に入り、自害しました。これを大寧寺の変といいます。

そして大内義隆を討った陶晴賢も、その4年後、毛利元就によって厳島の合戦で滅ぼされます。

中国へ

天文20年(1551)11月、ザビエルは2年3ヶ月にわたる日本での布教活動の後、日本を後にし、いったんゴアに帰還し、次は中国への布教に意欲を燃やします。

ザビエルの考えでは、古くから日本と関係が深い中国に宣教し、中国皇帝をキリスト教に改宗させれば、上から下まで中国人がキリスト教徒になり、それに従って中国の影響強い日本でも上から下までキリスト教徒になると考えました。

だからザビエルにとって中国宣教はそのまま日本宣教に密接につながることでした。

「そんなバカな…」

て感じですけども、ザビエルはもちろん冗談でやっているのではなく、命がけの、大真面目でした。

もっともこの頃、明は鎖国しているので、密入国しか方法がありません。

1552年5月、ザビエルはマラッカを後にし、中国人アントニオを伴い、8月、広東省上川(サンチャン)島から密入国しました。

「大丈夫でしょうかねえ。密入国なんかしちゃって…中国の役人に逮捕されちゃうんじゃないかなあ」

「何?神の教えを述べ伝えようというものが、そんなことを恐れるのか。けしからん」

そう言ってザビエルは、同行した修道士アルヴァロ・フェレイラをイエズス会から退会しました。温厚篤実なザビエルでしたが、イエズス会の身内に対しては、このような厳しい一面もありました。

「さあどんどん布教していくぞ中国に」

意気込むザビエルでしたが、熱病に冒され、上川島にて中国人アントニオに看取られながら、息を引き取りました。享年46。時に1552年。ザビエルは志半ばにして倒れましたが、その後日本では大友宗麟、高山右近、小西行長などキリシタン大名もあらわれるなど、身分の上下に関係なく多くの人がキリスト教を信じるようになっていきます。

一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし

『ヨハネ伝』第12章24節

次回は「織田信長(一) 吉法師」です。

解説:左大臣光永