毛利元就(十三) 第二次月山富田城合戦

第二次月山富田城合戦

嫡男隆元を失った毛利元就は少し意地になってきたようです。

「必ず…月山富田城までたどりつき、城を落とすぞ!
それが死んだ隆元への手向けじゃ!」

荒隈(あらわい)城を出発した毛利軍は、月山富田城手前の白髪(しらが)城を落とすと、二年後の永禄8年(1565)4月から、再度、荒隈(あらわい)城を3万5000の兵を率いて出発。長年にわたって落とせなかった、尼子家最大の拠点・月山富田城攻略に乗り出します。

月山富田城北西の星上山(ほしかみやま。島根県松江市)に陣をしき、4月17日。毛利軍は星上山を下り、三手に分かれ富田川(とんだがわ)を渡り、月山富田城に襲い掛かります。

「攻め滅ぼせ!!」

わあーーーーーーーーっ

「させるな!!」

わあーーーーーーーーーっ

尼子義久軍は、総勢1万2000をもって毛利軍を迎え討ちます。

こうして第二次月山富田合戦が始まります。

死んだ隆元の嫡男、後に関ヶ原で西軍の大将を務める毛利輝元も、この戦いで初陣を飾りました。

「毛利に押されるな!必ず月山富田城を守りぬけ!!」

わあーーーーーーーーっ

防御側の尼子義久軍の中には、若武者・山中鹿之助の姿がありました。

「我に七難八苦を与えたまえ」と月に祈ったエピソードはよく知られていますね。

難攻不落の月山富田城は、10日経っても落ちませんでした。

「正面からやってもダメだ。ならば」

毛利元就は正面攻撃を断念し、兵糧攻めに切り替えます。

まず、月山富田城背後にある兵站基地、伯耆の大江城(おおえじょう。鳥取県東伯郡)・江美城(えびじょう。鳥取県日野郡)の二城を落として、補給線を断ちます。

補給線を断ってから、あらためて月山富田城を包囲します。

尼子方の若武者・山中鹿之助は、

どかかっ、どかかっ、どかかっ、どかかっ、

毛利軍の中に一騎駆けし、

「我こそは尼子が家臣・山中鹿之助!
いざ尋常に勝負!!」

カン、キキン、カン、ズバア

どかーーーっ

毛利方の品川大膳を討ち取るという、勇ましい場面もありましたが、しかし、毛利方の強固な包囲網を突破することはできず、月山富田城内に閉じ込められた城兵たちは
「ううう…ひもじい…もうダメだあ…」

ついには椎の木をかじって食うというありさまでした。

永禄8年(1565)11月21日。万策尽きた尼子義久は降伏を申し入れます。
「うううぅ…尼子の命運もここに尽きた…」

「いいえまだ!山中鹿之助がおりまする!必ずや尼子の再興を!!」

気焔を上げる、山中鹿之助。

11月28日。月山富田城は落ちました。

山中鹿之助は月山富田城を落ち延び、京都に、ついで隠岐島に潜伏。尼子家再興を目指して活動を続けることとなります。

こうして毛利元就は中国9ヶ国に加え筑前の一部まで手に入れました。手に入れた領土は、備前・備中・備後・安芸・周防・長門・石見・出雲・伯耆、そして筑前の一部。山陰地方は吉川元春が、山陽地方は小早川隆景が分割して統治しました。

九州 大友攻め

最大の敵・尼子氏を倒した毛利元就。次なる敵は、九州の大友宗麟でした。

貿易港博多は、何としても手に入れたいところでした。永禄12年(1569)4月、毛利元就は軍勢を率いて吉田郡山城を出発。下関に入り、海を渡り九州に侵攻します。多々良浜や香椎で、大友宗麟方と激しい合戦が行われます。

大友宗麟方は、忠臣立花道雪(たちばな どうせつ)が奮戦するも、毛利軍の勢いに押され、立花城を放棄。追い詰められた大友宗麟は、窮余の策に出ます。

毛利に滅ぼされた山口の大内氏と、出雲の尼子氏と手を結び、共に毛利を討とうとします。

尼子の遺臣・山中鹿之助は、尼子の生き残り・尼子勝久(あまご かつひさ)をかついで、隠岐島に潜伏していましたが、大友宗麟は山中鹿之助を背後から援助。

山口では大内家の一族である大内輝弘(おおうち てるひろ)という人物を大友宗麟は保護していましたので、これに兵を与え、毛利の支配する山口を蹂躙させます。

大友宗麟を追い詰めた、と思っていた毛利元就。逆に追い詰められます。

「こうなったら博多はあきらめるしか無いか…」

毛利元就は九州・立花城で大友宗麟と対峙している吉川元春・小早川隆景に撤退を命じました。

毛利元就の最期

その後毛利元就は、大内と山中鹿之助ら尼子の残党を討伐しますが、この頃から体調が悪化していきました。

元亀2年(1571)3月、一時体調が回復した毛利元就は、吉田郡山城に知人を招き、花見の宴を設けます。その席で、

友を得てなほぞ嬉しき桜花
昨日にかはる今日の色かは

『名将言行録』

友を得たことで、いっそう桜の花を見るのが嬉しく思える。
今日の花の色のすばらしさは、昨日の花の色に代えることができるだろうか。いやできない。

またこの宴の席あたりだったでしょうか。孫の輝元・息子の吉川元春・小早川隆景に訓戒します。

「お前たち、今ある領国に満足して、けして天下を望むような野心を起こしてはならんゾ」

その後、体調がふたたび悪化し、元亀2年(1571)6月14日、吉田郡山城にて逝去。享年75。

翌日、遺骸は吉田郡山城山麓の大通院(だいづういん)で荼毘に付され、洞春寺(とうしゅんじ)跡として伝わる吉田郡山城山麓に葬られました。

安芸の一地方領主から10ヶ国所有の大大名にまで成り上がった、智将・毛利元就。幼くして父・母と死に分かれ兄とは切り離され、誰よりも家族のつながりを強く望んだ元就は、三人の息子たちによる毛利家の結束を強め、毛利家を中心に、吉川家・小早川家がその両翼を支える、毛利両川体制を形にしました。一方、敵に対しては容赦がなく、さまざまな権謀術数を駆使して、競争相手を次々と滅ぼし、葬っていった、毛利元就。その人の大往生でした。

その後の毛利家

その後、関ヶ原で毛利輝元が西軍の大将として徳川と敵対したため、戦後、毛利氏は周防・長門二国にまで削られます。120万石から32万石への減封です。

徳川への恨みは200年引きずり、幕末に、吉田松陰・高杉晋作・桂小五郎らが出て薩摩と手を結び、倒幕の原動力となったことは、よく知られている通りです。

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク