毛利元就(十二) 三本の矢

大内攻め

厳島合戦に陶晴賢を滅ぼした後も、毛利元就の勢いは止まりませんでした。すぐさま山口攻略に乗り出します。もはや飾りものの主君・大内晴英を補佐する陶晴賢はいない。ならば今度は晴英をと、軍勢を率いて山口を攻めます。

2年後の弘治3年(1557)4月、大内晴英を山口の長福院にて、自害に追い込みました。

大内氏は百済の聖明王(せいめいおう)の子・琳聖太子(りんしょうたいし)の子孫と言われ、南北朝時代以降、中国地方西部に大勢力を築きました。

応仁の乱以降、雪舟や宗祇といった文化人を多く迎え入れ、大内文化・山口文化を築き上げ、文武両道の西国の王者と言われましたが、毛利元就によって、このような形で滅ぼされましまったのは心痛いことでした。

それにしても嫡男の隆元は、かつて山口に送られ、大内文化の薫陶をどっぷりと受け、大内の家臣から妻をも迎えた嫡男の隆元は、父元就が大内を滅ぼしたことについて、どう思ったでしょうか。

とにかく毛利元就は、備後・安芸・周防・長門・石見の一部に至る広大な領土を手中に収めました。

安芸の弱小豪族にすぎなかった毛利氏は、今や出雲の尼子氏と並ぶ大勢力に成長していました。

「成し遂げたぞ。ついに…」

隠居騒ぎ

よほど安心したのでしょうか。毛利元就は隠居すると言い出します。嫡男隆元は猛反発します。

「隠居!とんでもない!私に毛利家を継げとおっしゃるのですか!
無理です!私は凡庸な人間です!備後安芸だけでも手に余るのに!
その上周防長門まで!私如きに治められるはずがございません。
毛利家は父上がいらっしゃればこそ!私が継げば毛利家はおしまいです」

「落ち着け隆元」

「これが落ち着いていられますか!
私は、無能な二代目として歴史に名を残しとうはございませぬ~」

しまいに隆元はこんなことを言い出します。

「私か死ねば、父は思い直してくださるだろう!
そうだ!死をもって父を諫めるのだ!
隠居はしないでください!隠居はしないでください父上!」

「はあ~困った奴じゃ…わかったわかった。隠居といっても、
吉田郡山城からお前の働きを後見する。それに、
元春と隆景も、お前を支えてくれる。
少しは自信をつけろ」

「は、はあ…そ、そうですか…」

偉大すぎる父・元就に比べれば確かに毛利隆元は凡庸な人物でした。しかし、己の凡庸さを十分に自覚していたという点においては、毛利隆元は非凡な人物であったと言えるかもしれません。

三本の矢

「それにしても隆元のあの頼りなさ…
頭の痛い問題じゃわい。それに…確かに
毛利家は大きくなりすぎた。

備後・安芸・周防・長門…
この広い領土を隆元一人に任せるというのも、
ちと荷が重すぎるやもしれぬ」

「かくなる上は、隆元一人にゆだねるのではない。
元春が、隆景が、共に吉川家と小早川家をにない、
毛利を支える…毛利両川か。なるほど。毛利両川。
…そういう体制を築いていかねばならんな」

そこで毛利元就は、隆元、元春、隆景の三人に十四箇条からなる教訓状を与えます。三子教訓状です。

その十四箇条の中で毛利元就は、毛利・吉川・小早川それぞれが手に手を取り合い、協力しあって国を支えていくように、繰り返し説いています。有名な「あの」エピソードは、この三子教訓状の内容を元に、わかりやすいお話として伝えられたものです。

「ここに一本の矢がある」

「隆元、この矢を折ってみろ」

「簡単です」

ポキン。

「では三本の矢を一つに束ねると、どうかな?」

「ぐぬぬ…」
「これは…」
「なかかな折れませんな」

「わかったか!一本の矢は簡単に折れるが、三本束になれば簡単には折れぬ。そのように、お前たちも兄弟三人助け合い、毛利・吉川・小早川三家で支え合っていくのじゃ。わかったな」

九州・大友攻め

隠居したとはいえ、毛利元就の野心は留まるところを知りませんでした。永禄元年(1558)、九州の大友宗麟と、出雲の尼子晴久に目が向きます。九州には三男小早川隆景を差し向け、門司城の大内晴英を攻撃させます。貿易港博多は、どうしても手に入れたいところでした。

「なに!小早川が大内晴英に!
おのれ毛利元就!あの男との約定など信じていたのがバカだった」

29歳の大友宗麟は地団太を踏みます。前に滅ぼされた山口の大内晴英は大友宗麟の弟でした。毛利元就が大内晴英を攻撃するにあたって、兄として大友宗麟は手を出さぬ。そのかわり、九州は攻撃してくれるなと、毛利元就との間に約定を結んであったのです。その約定を一方的に破棄して、毛利元就は九州を攻撃にかかったのでした。

出雲・尼子攻め

一方、出雲の尼子氏攻略には、次男吉川元春を当たらせます。出雲攻略の足がかりとして石見東部に侵攻。尼子氏のドル箱である石見銀山の興亡は熾烈をきわめました。石見銀山を毛利が握るのか?尼子が握るのかによって勝敗が決します。だからこそ熾烈でした。

長引く大友・毛利・尼子の争いを見て、将軍足利義輝は、毛利と尼子の間に和議を持ちかけます。

「そろそろ仲良くしたらどうじゃ」と。

この頃足利義輝は、すっかり地に落ちていた足利将軍家の権威を回復させるため、各地で争っている守護大名たちに和議を持ち掛け、その調停役を買って出ていたのでした。

しかし毛利元就はなかなか尼子との争いをやめません。とはいえ形の上では将軍を立てて、歩み寄るそぶりも見せます。

その間、出雲では尼子晴久が亡くなり、息子の義久が家督を継ぎました。その頃、またも将軍足利義輝より和睦のすすめがあります。

「毛利と尼子は長年にわたって争い続けている。しかし代替わりもしたことだし、このへんで仲良くしてはどうか?」

「ううむ…そこまで言わるなら」

毛利元就は、石見の戦いには手を出さないという条件で、尼子義久と和睦します。もちろんこれは、時間かせぎにすぎませんでした。石見攻略を終えた後には、約束をやぶってすぐに尼子を攻め滅ぼすつもりでした。

毛利元元就は石見を平定し石見銀山を手に入れると、一方的に約定を破棄。1万5000の大軍を率いて出雲に侵攻します。

若き当主・尼子義久は、

「毛利元就め!裏切り負ったな!どこまで卑怯者なのか!」

などと叫んだかわかりませんが、このままではやられる一方。急きょ、豊前の大友宗麟に救援を求めます。

「よしきた!」

大友宗麟、北九州へ侵攻し、毛利の背後を脅かします。

隆元の死

翌永禄6年(1563)8月、毛利元就にとって思いがけない不幸が襲います。

「なに!隆元が…!!」

長男・隆元が亡くなったのです。享年41。突然の死でした。食中毒であったと言われますが…詳細は不明です。遺体は吉田郡山城で荼毘に付されました。

毛利隆元墓所
毛利隆元墓所

毛利元就は出雲の前線基地・荒隈(あらわい)城で隆元の死を知りました。

荒隈城
荒隈城"

「おおおおお……隆元!なぜじゃああ!!」

毛利元就の落胆は、たいへんなものでした。敵に対しては容赦のない権謀術数を駆使し、卑怯な裏切りも辞さない毛利元就でしたが、家族のつながりを誰よりも大切にした人物でもありました。「三本の矢」のエピソードに象徴されるように、毛利家の結束はきわめて固いものでした。

そのうちの一本の矢が、こつぜんと姿を消したのでした。

「わしはもう、出家する」

元就は、そのようなことも言い始めます。

「父上、お気を確かに持ってください!
まだ元春がおります。隆景もおります」

「そうです父上、出雲攻略は、
まだ始まったばかりです!兄上の弔いのためらにも、
出雲攻略を!!」

「隆元の弔い合戦…か…。そうだな」

次回「毛利元就(十三) 第二次月山富田城合戦」に続きます。

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク