毛利元就(五) 大内義興 来襲

大内義興の動き

「大内義興、義隆父子、来襲!!」

大内義興・義隆、安芸へ侵攻
大内義興・義隆、安芸へ侵攻

その知らせはすぐに毛利元就のもとに届きます。

「なんと!大内がついに動いたか。ぐぬぬ…銀山・桜尾両城が落ちれば、次に大内が攻めてこの吉田郡山城。こうしてはおれぬ」

毛利元就はすぐに主筋にあたる出雲の尼子経久に書状を送り、援軍を要請しますが、尼子経久の答えは、

「銀山・桜尾城は簡単には落ちぬから、何とか持ちこたえよ」

というものでした。事実、大内軍の攻撃は激しいものではありましたが、銀山・桜尾両城はよく耐えて、時間を稼ぎます。

実はこの頃、尼子経久も伯耆で戦の最中であり、軍勢を割くことができなかったのでした。

7月になってようやく伯耆での戦が一段落すると、尼子経久は5000の兵を銀山城に差し向けます。

「尼子の援軍です!先遣隊は5000の兵で銀山城を目指しております!」
「うん。やっとか!」

毛利元就も大内軍討伐のために、吉川・沼田(ぬた)・竹原小早川・天野・三吉(みよし)といった安芸・備後の国人らとともに軍勢を率いて銀山城攻めに加わります。

7月。銀山城外で、大内義隆軍と尼子先遣隊はじめ毛利元就をふくむ安芸・備後の国人連合軍が対峙しました。

「かかれーっ」
「攻め滅ぼせ」

わーっわーーっ

緒戦は、大内義興の勝利に終わります。大内義興の嫡子・義隆はこの年わずか18歳の初陣でしたが、義隆を補佐する陶興房(すえ おきふさ)は歴戦の勇士でした。

毛利元就は尼子経久に提案します。

「敵は大勢力。とはいえ、地理に通じている我らにこそ勝機はございます。ここは夜討をしかけましょう」

「うむ。夜討とな」

毛利元就はわざと進軍のさとられにくい雨の日を待って、全軍を五手に分け、夜討を決行しました。

四方からいっせいに大内義隆の陣所を襲います。

「夜討だと!!こんな雨の中か」

しかし雨の中だからこそ、襲ってきたのでした。不意をつかれた大内軍は散々に切り崩されます。

「ここは退くしかありません」

陶興房は、若き大内義隆を守り、桜尾城を取り囲む大内義興の本陣に向けて退却しました。

「まずは勝利!」

ワァーーー

鬨の声を上げる毛利元就軍。

すぐに尼子経久のもとにも報告が行き、

「うむ毛利元就。なかなかやりおるわ」

尼子経久も満足げでした。

「では全軍をもって、桜尾城を救え!」

尼子の軍勢はじめ安芸・備後の国人衆が大挙して、桜尾城を取り囲む大内義興軍に襲い掛かります。

「これでは…持ちこたえられん」

8月25日。ついに義興軍は全軍撤退を決めます。

「ぐぬぬ…私がもう少ししっかりしていれば…」

ぎりりと歯ぎしりする陶興房。

「それにしても毛利元就。西国の王たる大内軍を、わずかな国人衆のみで撤退させるとは…。げに恐ろしき男よ」

陶興房は毛利元就の名をしっかりと心に刻み付けました。また、味方とした戦った尼子経久も、

「毛利元就…あやつを放置しておけば、将来脅威となるかもしれん」

と警戒心を強めることとなりました。

次回「毛利元就(六) 百万一心」に続きます。

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク