藤原広嗣の乱

左遷

天然痘の流行で藤原四兄弟が亡くなると、政治の実権は橘諸兄が握り、橘諸兄の下で遣唐使帰りの吉備真備や玄ボウらが重用されました。

それに対して藤原氏は、わずかに武智麻呂(南家)の子、豊成(とよなり)が参議に進んだだけで、政権から遠ざけられてしまいました。

藤原広嗣と藤原豊成
【藤原広嗣と藤原豊成】

スポンサーリンク

「ちっ…おもしろくも無い」

藤原宇合(式家)の長男・藤原広嗣は、不満をたぎらせます。

「吉備真備は学者、玄ボウは坊主ではないか。
どうして学者や坊主に政治のことがわかろう。
戦にでもなったら真っ先に逃げ出すんじゃないか」

「何なら俺がやってやろうか」

「広嗣殿、あまり過激な発言は控えたほうが…」

「豊成殿。参議のあんたがそんな弱気でどうするか。あんたが
もっとしっかりしていれば!」(グワッとつかみかかる)

「うわわ、広嗣殿、乱暴はやめてください」

…こんな調子でしたから、広嗣は橘諸兄政権下で孤立するのみならず、藤原氏内部ですら孤立していきました。とうとう太宰少弐に左遷され、九州に飛ばされます。都から遠く離れた九州の地で、広嗣はいよいよ不満をたぎらせます。

「なぜだ!!」

「なぜ俺が左遷されねばならぬのだ。
俺は何も悪くない。吉備真備、玄ボウ。
あの二人こそ悪の元凶ではないか」

決起

740年8月、藤原広嗣は「君側の奸」吉備真備と玄ボウをのぞくことを要求する上表文を、朝廷に提出します。

そして太宰小弐の権限を活かして兵力を集め、朝廷からの返事が届く前に挙兵に踏み切りました。

広嗣は全軍を三手に分けて北九州の登美・板櫃(いたびつ)・京(みやこ)の三鎮を目指します。

藤原広嗣の乱01
【藤原広嗣の乱01】

藤原広嗣率いる本体5000人は筑前から、
広嗣の弟の綱手(つなて)率いる5000人は豊後から
側近の多胡古麻呂(たこのこまろ)は筑前から田河道を通って

三方から軍勢を進めます。

朝廷軍の反撃

一方、朝廷軍は全国から1万7,000人の兵士をつのり、大野東人(おおののあずまびと おおののあずまんど)を大将軍に任じ、九州へ派遣します。

藤原広嗣の乱02
【藤原広嗣の乱02】

9月21日、朝廷軍は関門海峡を突破。
翌22日、広嗣軍が拠点とする北九州の板櫃鎮を攻撃します。結果は広嗣軍の惨敗。広嗣軍は大損害を被り、士気の低下著しいものがありました。

「もうやめた。こんな戦い、無理だったんだ」
「俺もやめた」

「広嗣さま、わが軍を離脱するものが増えています」
「くっ…臆病者どもが。逃げる奴は逃げればよい。一気にカタをつけてやる」

板櫃川の戦い

10月9日、体制を立て直した広嗣軍は板櫃川の西岸に進出。対する東岸には勅使佐伯常人、阿倍虫麻呂率いる朝廷軍6000人が布陣していました。

藤原広嗣の乱03
【藤原広嗣の乱03】

勅使佐伯常人が川のなかほどまで馬を進め、藤原広嗣に呼びかけます。

「私は朝廷から派遣された勅使だ。藤原広嗣とはそのほうか」

「いかにも私が広嗣です。誤解があるようです。私は朝廷に逆らっているのではありません。君側の奸吉備真備と玄ボウを除いてほしいと、平和的にお願しているのです」

「ふん、何が平和的か。ではこの軍勢は何じゃ。それ、射殺せ」

ひゅうひゅうひゅう…

「うわああっ」

朝廷軍が矢を射かけると、広嗣軍は総崩れとなって退却していきます。もはや広嗣についてくる者はわずかでした。

藤原広嗣の最期

「兄上、こうなったら海に逃げましょう」
「そうだな…。まだ負けたわけではない」

藤原広嗣の乱04
【藤原広嗣の乱04】

藤原広嗣は弟の綱手ととも博多から舟に乗り、肥前国松浦郡値嘉嶋(五島列島)に至ります。さらに新羅まで行こうしていた時、朝廷軍が追ってきて、広嗣を捕えました。

「観念しろ!」
「くっ…」

広綱・綱手兄弟は肥前の唐津に引っ立てられ、斬られました。こうして藤原広嗣の反乱はわずか2か月ほどで鎮圧されました。

つづき 四度の遷都

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク