平安京遷都(一)長岡京から平安京へ

早良親王の怨霊

桓武天皇は怨霊に悩まされていました。

弟の早良親王が無実の罪で捕まり、亡くなってからというもの、桓武天皇のまわりでは不幸が相次ぎました。。

まず延暦7年(788年)桓武天皇の夫人旅子が没し、翌延暦8年桓武天皇の生母・高野新笠(たかののにいがさ)が没します。

さらに翌790年には安殿親王(あてしんのう。後の平城天皇)と神野親王(かみのしんのう。後の嵯峨天皇)の母である皇后乙牟漏(おとむろ)が没します。

早良親王の怨霊?
早良親王の怨霊?

スポンサーリンク

加えて790年には長岡および畿内で天然痘が流行し、多くの人の命を奪いました。翌791年には伊勢神宮に泥棒が入り建物に放火しました。桓武天皇はすぐに勅旨を伊勢に派遣し、奉幣をささげ、できるだけ早い伊勢神宮の再建を約束します。

ついで皇太子に立ったばかりの安殿親王、後の平城天皇が心の病にかかってしまいます。

「ああ…叔父上、叔父上、許してくだされ。ああっ、あそこに叔父上の影が。じいっとこちらを見ている…はあっ、恐ろしい恐ろしい」

「なんということだ。たのみの安殿までおかしくなってしまうとは。
やはり怨霊のしわざなのか。弟よ。いまだに私のことを
恨んでいるのか…」

陰陽師に占わせたところ、「間違いなく、早良親王の怨霊がたたっています」「やはりそうか…」

ここに至り桓武天皇は確信しました。早良親王の怨霊が、すべての不幸の元凶だと。

「弟よ。どうか怒りを鎮めてくれ」

桓武天皇は、淡路に勅旨を遣わし早良親王の霊を祭りました。そして早良親王に「崇道天皇」の号を送りました。が、怨霊への恐れが消えることはありませんでした。

「どうしたらよいのだ。早良親王の怨霊は、どうすれば許してくれるのだ」

和気清麻呂の提案

桓武天皇が怨霊に悩まされているという噂は宮中に知れ渡り、役人たちに知れ渡り、長岡京中の誰もが知るところとなります。

「おい、天子さまが怨霊にとりつかれたら、
この長岡京はどうなるんだ!

「さあ…まだ都づくりも終わってないのになあ」

民の間に動揺が走ります。桓武天皇はいよいよ
精神的に追い詰められていきます。
そして、ついに思い立ったのです。

「怨霊から逃れるには、遷都しかない。
それも、長岡京の近くではダメだ。乙訓郡には
いまだに早良親王の怨霊がただよっている。どこか、
離れた場所に都を遷さなければ。だがどこに?」

そこで和気清麻呂(わけのきよまろ)が提案します。

「陛下、葛野(かどの)の地はいかがでしょう?」

「葛野?」

「このまま怨霊に悩まされ続けるよりましです」

和気清麻呂は769年、弓削道鏡が帝位をうかがい、みずから天皇となろうとした際に、九州宇佐八幡宮で信託を受けて持ち帰りました。

いわく、わが国では君臣の別ははっきりしている。皇族でない者が天皇になるなど、ありえないと。これより道鏡の野望は砕かれました。宇佐八幡宮信託事件です。

この一件により道鏡の怒りを買った和気清麻呂は官位を剥奪され、別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)という不名誉な名前に変えられた挙句、大隈国に島流しとなりました。

しかし、770年、道鏡びいきの称徳天皇が崩御すると和気清麻呂は奈良の都に呼び戻され、官位も復活。光仁天皇、桓武天皇のもとで重く用いられていました。

その和気清麻呂が、桓武天皇に申し上げます。

「葛野は交通の便もよく、肥沃な地です」
「よし。すぐに遷都を、実行するのだ」

葛野の地に新しい都を建設するにあたり、
各国から31万4千人の労働者を徴発します。

「また遷都かよ!」
「遷都はこないだやったばかりじゃないか。
いったい、どうなっているんだ!」

駆り出される民衆にとっては、たまったものではありませんでした。
しかも長岡京に遷都してからまだ7年。
長岡京の都づくりも完成していないのに、です。

その上、目下朝廷は陸奥に蝦夷という敵をかかえ、
対外戦争の真っ最中でした。坂上田村麻呂を将軍として
つかわしていましたが、蝦夷との戦は光仁天皇の時代から、
30年以上にもわたっていました。

こんな時期に、さらに国庫を圧迫する遷都を行うとは、
まったく意味のわからない話でした。

それでも、怨霊に対する恐怖にとりつかれた
桓武天皇は、強引に遷都を押し進めます。

早々と長岡京の王宮を取り壊し、新しい都に運ぶのでした。
それは、怨霊から早く逃れたいと、あせっているかのように。

怨霊といっても桓武天皇とその周囲に関係しただけのもので、
庶民からすれば勝手にやってくださいって感じだったでしょう。
ひっぱりまわされるほうは、たまったもんじゃありません。

この間、桓武天皇は藤原小黒麻呂に実地調査を命じました。
戻ってきた小黒麻呂が報告します。

「この地はまことにすばらしく、帝都にふさわしい地です。ただ…」

「ただ、何じゃ?」

「丑寅の鬼門に高い山があるのが気がかりです。
鬼神が入りこまないよう、なにか手を打つべきかと…」

「うむ…それは大切なことじゃな」

怨霊におびえる桓武天皇にとって、丑寅(東北)の鬼門は特に気になりました。もちろんそこにある山とは比叡山です。後に鬼神鎮めのため、延暦寺が建てられます。

≫次の章「平安京遷都(二)千年の都」

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら



スポンサーリンク